« 初詣 | トップページ | 豊田瑠衣さんのブログ »

2009年1月 5日 (月曜日)

映画「そして、私たちは愛に帰る」(2007年、独・トルコ)

     ★★★★☆

 ブレーメンとイスタンブールを舞台に親子3組の

出会いと別れを描いたドラマ。

2007年カンヌ映画祭最優秀脚本賞。

原題は「Auf der Anderen Seite」、

英題は「The Edge of Heaven 」。

     ◇

 ドイツ・ブレーメン。

年金で暮らすトルコ移民Ali Aksu(Tuncel Kurtiz )には、

大学教授の息子Nejat (Baki Davrak )がいる。

ある日、Aliは馴染みの娼婦Yeter aka Jessy(Nursel Köse )を

家に連れてきて、3人で暮らすようになる。

Yeterが息子と関係しているのではないかと邪推したAliは、

口論の末、誤ってYeterを死なせてしまう。

 一方、母の死を知らないYeterの娘Ayten Öztürk aka Gül(Nurgül Yesilçay )は、

反政府組織に入っており、トルコからドイツへ逃亡する。

Aytenはブレーメンで大学生Charlotte 'Lotte' Staub(Patrycia Ziolkowska )と

知り合うが、警察に見つかり、トルコに強制送還され、

刑務所に入れられる。

LotteはAytenを助けるためにイスタンブールに行くが、

すりの少年に銃殺される。

悲しみにくれるLotteの母Susanne(Hanna Schygulla )は、

娘の遺志を継いでAytenを救出しようと決意する。

大学を辞めてイスタンブールで本屋を始めたNejatは、

こんなSusanneの決意を見て、

自分も父を許し、

トルコに送還されている父のもとに向かう。

     ◇

 3組の親子を通して、

親子の愛情、反目、寛容を描いた。

観客には、

3組の親子の関係がわかっているが、

登場人物にはどこでどうつながっているのかわからない。

最後の場面。

「神を敵に回したって、お前を守る」と

幼いころ父に言われたことを思い出し、

すべてを許し、

父に会いに行く決意をしたNejat。

釣りから戻ってくる父を待ち、

海辺で座っているNejatの後ろ姿で

映画は終わる。

余韻のあるいいエンディングだ。

「シネスイッチ銀座」1で。

     Theedgeofheaven_3

[監][製][脚][撮]ライナー・クラウスマン
[音]シャンテル
[出]バーキ・ダブラク、ハンナ・シグラ、
 ヌルセル・キョセ、トゥンジェル・クルティズ
[上映時間]122分

|

« 初詣 | トップページ | 豊田瑠衣さんのブログ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/43619864

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「そして、私たちは愛に帰る」(2007年、独・トルコ):

» ファティ・アキン監督の「そして、私たちは愛に帰る」を観た! [とんとん・にっき]
新聞の下半分、「そして、私たちは愛に帰る」の大きな映画の広告が出ていました。目についたのは、佐藤忠男が「2008年 私の3点」に選んだということ、これはぜひ観に行きたいと思いました。新聞広告には「ドイツ・ハンブルグから、トルコ・イスタンブールへ。愛する者の死... [続きを読む]

受信: 2009年1月 5日 (月曜日) 08時42分

» そして、私たちは愛に帰る [すたほ~映画・本の部屋~]
解説: 『愛より強く』でベルリン国際映画祭金熊賞に輝いたファティ・アキン監督による人間ドラマ。ドイツとトルコ、2千キロに渡ってすれ違う3組の親子が、運命に翻弄(ほんろう)されながら愛と希望を見いだすまでを描く。ドイツの名女優ハンナ・シグラをはじめ、トルコを代表する実力派キャストが共演。ファティ監督の死生観がにじむ再生の物語に心ゆさぶられる本作は、第60回カンヌ国際映画祭最優秀脚本賞と全キリスト協会賞をはじめ、数々の映画賞を受賞している。(シネマトゥデイ) あらすじ: 一人暮らしの老人アリ(トゥン... [続きを読む]

受信: 2009年1月 5日 (月曜日) 09時24分

» (今日の映画)そして、私たちは愛に帰る [Kozmic Blues by TM]
そして、私たちは愛に帰る(2007/独=トルコ) AUF DER ANDEREN SEITE THE EDGE OF HEAVEN [続きを読む]

受信: 2009年1月 5日 (月曜日) 20時36分

» そして、私たちは愛に帰る [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
シビアな人間ドラマは、偶然を多用するが、それが決して安易なハッピーエンドにつながらないところが深い。ドイツとトルコを舞台に3組の親子の生と死がすれ違う物語だ。映画を支えているのは名女優ハンナ・シグラの存在感。ファティ・アキン監督はトルコ系ドイツ人監督で、....... [続きを読む]

受信: 2009年1月 5日 (月曜日) 23時29分

» 「そして、私たちは愛に帰る」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; ドイツとトルコ。2000キロ離れた二つの国を舞台にくり広げられる3組の親子の不思議なめぐりあわせの物語。テーマは「愛」と「死」と「許し」1960年代、経済成長をつづけるドイツには多くのトルコ人が働き手として移住していたそうです。一組目の親子、アリ(父)はそんな移民の一人。息子ネジャットは大学で経済学の教授をしています。もう一組の親子は、その大学に通う女子学生ロッテと、その母スザンヌ。そしてトルコのイスタンブールからドイツに出稼ぎにきているイェテル。国... [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火曜日) 22時52分

» *そして、私たちは愛に帰る* [Cartouche]
{{{   ***STORY*** ハンブルクに住む大学教授のネジャットの老父アリはブレーメンで一人暮らしだったが、同郷の娼婦イェテルと暮らし始める。ところが、アリは誤ってイェテルを死なせてしまう。ネジャットはイェテルが故郷トルコに残してきた娘アイテンに会うためにイスタンブールに向かう。そのアイテンは反政府活動家として警察に追われ、出稼ぎでドイツへ渡った母を頼って偽造パスポートで出国し、ドイツ人学生ロッテと知りあう。                         gooより}}} ..... [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金曜日) 17時39分

» 『そして、私たちは愛に帰る』 Auf der Anderen Seite [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
これこそは愛。 ハンブルクの大学で教鞭をとるトルコ系移民二世のネジャットの老父アリは、ブレーメンで一人暮らしをしていたがある日同郷の娼婦イェテルと暮らし始めた。 そして、ドイツとトルコを舞台に三組の親子の物語が絡み合う。お待ちかねのファティ・アキン監督の新作。私の新年1本目の鑑賞作はこれ。そのセレクトは、記念すべき新年1本目に好きな監督の期待作を観たい、ただ単に年の初めには確実によい映画を観たいという理由によるものだったのだけど。年末年始にちょっと帰省をして久しぶりに両親に会って来たばかりの... [続きを読む]

受信: 2009年1月13日 (火曜日) 19時49分

» そして、私たちは愛に帰る AUFDERANDERENSEITE [まてぃの徒然映画+雑記]
2007年カンヌ映画祭で最優秀脚本賞を受賞した作品。「イェテリの死」「ロッテの死」「天国のほとりで」の3部構成で、アリとネジャット、イェテリとアイテン、ロッテとスザンヌの3組の親子の物語をドイツとトルコの2ヶ国にわたって繰り広げる。さすが脚本賞!の素晴らしい...... [続きを読む]

受信: 2009年1月19日 (月曜日) 22時25分

« 初詣 | トップページ | 豊田瑠衣さんのブログ »