« 映画「チェ 39歳 別れの手紙」(2008年、西・仏・米) | トップページ | ボヘミアンな夜 »

2009年2月 9日 (月曜日)

映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(2008年、米)

  ★★★★★

 80歳の老人の姿で生まれ、年をとるにつれ若返っていく男と

バレリーナの愛の物語。

『The Great Gatsby 』のFrancis Scott Key Fitzgeraldが

書いた短編小説(1922年)をEric Rothが脚色。

第81回アカデミー賞で作品賞など13部門にノミネート。

原題は「The Curious Case of Benjamin Button」。

     Curious_case

 1918年、New Orleans。

生まれたばかりの男の子が養老院の前に捨てられた。

赤ん坊は年老いた老人のように老けていたが、

養老院の経営者Queenie(Taraji P. Henson )は

育てることを決心する。

男の子はBenjamin(Brad Pitt )と名付けられ、

老人たちにやさしくされ育つ。

1930年の感謝祭でBenjaminは

年下の女の子Daisy(Cate Blanchett )に出会い、

好意を持つ。

Benjaminを捨てた父親Thomas Button (Jason Flemyng )は

彼の前に名を隠して姿を現す。

青年になったBenjaminは家を出て、

船員となってロシアに行き

人妻Elizabeth Abbott (Tilda Swinton )と恋をする。

やがて太平洋戦争がはじまり、

彼も戦争に巻き込まれる。

故郷に戻ったBenjaminは、

Daisyがバレエで成功しているのを知り、

ニューヨークに会いに行く。

しかし、男友達と一緒だったDaisyに会い

失意のうちに帰郷する。

Daisyはパリに行き、

そこで交通事故に遭う。

見舞いに駆け付けたBenjaminは、

Daisyと故郷で一緒に暮らすようになる。

女の子Caroline(Julia Ormond )も生まれ、

2人は人生で最も幸せな時を過ごす。

しかし、年をとっていくDaisyに対し、

自分は若返っていく落差に悩んだBenjaminは

家庭を捨て、インドへ放浪の旅に出る。

年月がたち、

帰宅してみるとDaisyは再婚していた。

時はまた流れ、認知症になったBenjaminは、

2003年、老人ホームでDaisyに抱かれ、

奇妙な一生を終えた。

And then he closed his eyes, as if to go to sleep.

     ◇

 まったくあり得ない話であるが、

見ているうちに本当の話のように思われてくる。

 死の床についたDaisyが、

娘のCarolineにBenjaminの日記を読ませるという

回想で物語は進む。

冒頭、目の不自由な時計職人が

戦争で死んだ息子を思い出すために、

逆回りの大時計を作り、

New Orleansの駅に据え付ける話。

「Did you know that I was struck by lightning seven times?

(わしが雷に7回打たれたのを知っとるか)」と何度も話す養老院の老人。

船に乗るBenjaminやDaisyのいる病室の窓に現れるハチドリ。

一つ一つのエピソードが、

印象的だ。

脚本を書いたのが、

「Forrest Gump 」(1994年)でアカデミー賞をとったEric Rothだけに、

多くの人が指摘しているように、

「Forrest Gump 」と構成が似ている。

「新宿ピカデリー」2で。

    ◇

[監]デビッド・フィンチャー
[原]F・スコット・フィッツジェラルド
[案][脚]エリック・ロス
[出]ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、
 タラジ・P・ヘンソン、ティルダ・スウィントン
[上映時間]167分

|

« 映画「チェ 39歳 別れの手紙」(2008年、西・仏・米) | トップページ | ボヘミアンな夜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ブログにTBありがとうございます。

「ベンジャミンバトン」、本当に素晴らしい映画でしたね。
感動が静かに続いています。

投稿: TOM | 2009年2月 9日 (月曜日) 20時53分

>TOM様
 途方もない虚構を、
さも本当の話のように見せる、
その手腕に脱帽しました。
若い時にドーバー海峡遠泳を断念した女性が
後年その目標を達成するなど
一つ一つのエピソードも
よかったです。

投稿: 富久亭 | 2009年2月10日 (火曜日) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/43985679

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(2008年、米):

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [いい加減社長の日記]
観たい映画が、何本も公開される中で、一番期待していた「ベンジャミン・バトン 数奇な人生 」。 1000円で観られる割引券があったので、朝一で観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 07時21分

» 劇場鑑賞「ベンジャミン・バトン数奇な人生」 [日々“是”精進!]
「ベンジャミン・バトン数奇な人生」を鑑賞してきました「セブン」「ファイト・クラブ」に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジー。『グレート・ギャツビー』で知られる小説家F・スコット・...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 07時22分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BU... [映画!That' s Entertainment]
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生                       THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON」 2008 アメリカ Warner Bros.Pictures,Paramount Pictures,166min. 監督:デヴィッド・フィンチャー 原作:F・スコット・フィッツジェラルド 脚本:エリック・ロス 音楽:アレクサンドル・デスプラ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スゥイントン、ジェイソン・フレミング他 ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 07時36分

» 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観ました『セブン』『ファイト・クラブ』に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジーです>>『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』関連原題: THECURIO...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 07時49分

» 映画 【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説をデヴィッド・フィンチャー監督が映画化。 おはなし:1918年、ニューオーリンズ。老人施設で働く黒人女性のクィニーは捨てられた赤ん坊を拾う。その赤ん坊は生まれながらにして80歳のようだったら、クィニーに愛情を注がれて成長していった。 ワーナー・ブラザーズとパラマウントのロゴがボタンだらけ〜と思ったら、バトン=BUTTONだったんですね。 老人として生まれた子供がだんだん若返り、死ぬ時は赤ん坊。こんな... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 08時02分

» 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 [Sweet*Days**]
監督:デヴィッド・フィンチャー  CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン 他 ある盲目の時計職... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 08時35分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [めでぃあみっくす]
それでも人生は素晴らしい。見終わった後に自然とそう感じる完成度の高い映画でした。『フォレスト・ガンプ一期一会』のように一人の男を狂言回しに描いていく人生ファンタジーなんですが、こちらの方がより大人向けといった感じでした。そしてブラッド・ピットファンはあら....... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 12時29分

» ベンジャミン・バトン-数奇な人生-/TheCURIOUS CASEofBENJAMIN BUTTON [我想一個人映画美的女人blog]
『セブン』『ファイトクラブ』に続き、デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピットのコンビ 3作目は 今年ももうすぐ発表になるアカデミー賞で 最多13部門ノミネート{/atten/} 作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女優賞/脚色賞/ 撮影賞/編集賞/美術賞/衣装デザイン賞/メイクアップ賞/視覚効果賞/録音賞/作曲賞 老人として生まれ、歳をとるごとに若返ってくという不思議な運命に生きた男の話 ということでそれだけで興味深くて今月公開で1番楽しみにしてた作品♪ この映画、とにかくCG効果が... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 12時52分

» ★ベンジャミンバトン・数奇な人生(2008)★ [CinemaCollection]
THECURIOUSCASEOFBENJAMINBUTTON「ベンジャミン、あなたが教えてくれた 人は皆、出逢っては別れ、愛する者を失うそれでもー人生は素晴らしい」上映時間167分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2009/02/07ジャンルドラマ/ミステリー/ファンタジー【解...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 14時00分

» 【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】★ブラッド・ピット★ケイ... [猫とHidamariで]
人生は素晴らしい。80歳で生まれ、若返っていく   数奇な人生を生きた、ある男の物語ベンジャミン・バトン 数奇な人生HPベンジャミン・バトン数奇な人生 シネマトゥデイ英題:THECURIOUSCASEOFBENJAMINBUTTON製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年2月7...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 14時58分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [象のロケット]
1918年、クイニーは赤ん坊なのに80歳の老人のような風貌をした男児を拾い、ベンジャミンと名付けて慈しみ育てる。 成長するにつれどんどん若返るベンジャミンは、ある日6歳のデイジーと出会い、自分の秘密を打ち明ける。 やがて人生のちょうど真ん中で、ほぼ同じ年齢を迎えた二人は結ばれるが…。 人生を逆回りに生き抜いた男の数奇な物語。... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 16時04分

» 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』・・・逆行する二人の時間が交錯して [SOARのパストラーレ♪]
第一次世界大戦末期に、ある願いを込めて時計職人が作った逆回転の時計。まるでそれがきっかけであるかのようにベンジャミンの数奇な人生が始まる・・・。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 19時10分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [LOVE Cinemas 調布]
2009年序盤では1番の大作といっていい本作、公開初日に早速行ってきました。主演は言わずと知れたブラッド・ピット。共演ケイト・ブランシェット。そして監督は私の大好きな作品『ファイトクラブ』以来ブラピとは3度目となるデヴィッド・フィンチャーです。私のみならず、みんなこの日を期待していたんでしょう、夜8時半からでしたが劇場はほぼ満員でした。... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 19時17分

» 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」みた。 [たいむのひとりごと]
ある裕福な家庭。待ちに待った我が子の誕生。しかし母親の命と引き換えに生まれてきた赤ん坊が醜い老人の姿だったとしたならば、例え我が子と言えども愛する妻の命を奪った”悪魔の子”にしか見えない夫の気持ちもわ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 20時28分

» 映画 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 [きららのきらきら生活]
   ☆公式サイト☆F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を『セブン』のデヴィッド・フィンチャーが映画化した感動巨編。第一次世界大戦時から21世紀に至るまでのニューオリンズを舞台に、80代で生まれ、徐々に若返っていく男の数奇な運命が描かれる。80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら、... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 21時48分

» 「ベンジャミン・バトンの数奇な人生」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; 今年のアカデミー賞で最多の13部門ノミネート。素晴らしい作品でした!1920年代に書かれたフィッツジェラルドの短編小説が基になっているとのことですが、これは脚色の力でしょう…第一次世界大戦が終わる1918年から、ニューオーリンズにハリケーン・カトリーナが上陸する2005年まで、一組の男女がたどった数奇な人生を描いた大叙事詩となっていました。まったく違うタイプではありますが、ある意味「フォレスト・ガンプ」にも通じるような、アメリカの歴史が織り込まれたフ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月曜日) 23時18分

» 【感想】ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [映画を楽しむ]
原作小説、表題作ベンジャミン・バトン他7編収録それは80歳で生まれ、0歳で生涯を終えた男の物語。公式サイト採点 ★★★★☆原作はフィッツフェラルド著、1920年発行のわずか25ページの短編小説です。今ではありがちとさえなっている、若返りネタを映画でどう見せるのか...... [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火曜日) 00時33分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2009年2月7日 公開 ★★★★★ 特殊メイクも含め見応えありで星5! バトンのボタン まずオープニングのワーナーのロゴがボタンになってたのが、どういう意味なんだろうと思っていたら・・・。 ご鑑賞がまだの方はネタバレしてますのでご注意くださいね。 「永遠はない」 とってもせつない話しです。 最初に病床の老婆(これがデイジー)が娘(ジュリア・オーモンド)に話す、駅に付けられた逆回転の時計の話しが主人公... [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火曜日) 08時57分

» ベンジャミン・バトン を見たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 を見てきました 物語は 第一次世界大戦終戦の日に生まれた [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火曜日) 09時12分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [Akira's VOICE]
人生という名のロードムービー。   [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火曜日) 11時04分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [to Heart]
一瞬、一瞬を、大切に生きていますか――? 全ての出逢いを、胸に刻んでいますか――? 原題 THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 製作年度 2008年 上映時間 167分 原作 F・スコット・フィッツジェラルド 脚本 エリック・ロス 監督 デヴィッド・フィンチャー 音楽 アレクサンドル・デスプラ 出演 ブラッド・ピット/ケイト・ブランシェット/ティルダ・スウィントン/ジェイソン・フレミング/イライアス・コティーズ/ジュリア・オーモンド 『グレート・ギャツビー』... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水曜日) 00時52分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第81回アカデミー賞に13部門ノミネートされた話題作【story】80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれたベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら時を刻んでいくが―     監督 : デヴィッド・フィンチャー 『セブン』『ファイト・クラブ』『ゾディアック』     脚本 : エリック・ロス 『フォレスト・ガンプ/一期一会』『グッド・シェパード』    ... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水曜日) 10時43分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [ネタバレ映画館]
デイジーにヒナギクの花束を・・・ [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水曜日) 11時41分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [利用価値のない日々の雑学]
ブラッド・ピット的に考えると、筆者の評価が最も高い作品は「ジョーブラックをよろしく」である。この作品が評価が高い理由はレビューを読んで頂きたいのであるが、ひとつには時間の取り方である。この作品は物凄くゆっくりと(確かに上映時間も180分と長いが・・・)、流れているが、それはブラピが演じる死神の時間軸であり、同時に一財を為すために仕事一途で人生を駆け抜けてきた男(アンソニー・ホプキンス)の人生最後の時間を丁寧に描いているからである。この「ベンジャミン~」の作品化を知った際に最初に脳裏に浮かんだのが... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水曜日) 15時38分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
アンチ エイジングすぎ(違) [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水曜日) 15時44分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★★[5/5] これはベンジャミンと生涯を共にしたデイジーの・・・ [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水曜日) 18時39分

» [映画『ベンジャミン・バトン』を観た^^;] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆非常に面白かった^^v  観ている3時間、思ったより劇的な展開は抑えられていたのだが、味わい深い展開が、私の目を逸らさせなかった。  この作品は、ブラッド・ピット演じるベンジャミンが、末期の老人の身体で生まれ、そこから年を経るに従って、(これは当然だが)彼を取り巻く世界は通常に流れていく中で、ベンジャミン自身だけが身体の成長の逆行現象を起こし、若返っていく、というところが物語の特別な前提となっている。  故に、「数奇な人生」という副題がついている。  しかし、観終えてわかるのが、ベンジャミ... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水曜日) 23時17分

» [映画『ベンジャミン・バトン』を観た^^;] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆非常に面白かった^^v  観ている3時間、思ったより劇的な展開は抑えられていたのだが、味わい深い展開が、私の目を逸らさせなかった。  この作品は、ブラッド・ピット演じるベンジャミンが、末期の老人の身体で生まれ、そこから年を経るに従って、(これは当然だが)彼を取り巻く世界は通常に流れていく中で、ベンジャミン自身だけが身体の成長の逆行現象を起こし、若返っていく、というところが物語の特別な前提となっている。  故に、「数奇な人生」という副題がついている。  しかし、観終えてわかるのが、ベンジャミ... [続きを読む]

受信: 2009年2月12日 (木曜日) 22時13分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生−(映画:2009年7本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、エル・ファニング、 ティルダ・スウィントン、ジュリア・オーモンド、タラジ・P・ヘンソン、ジェイソン・フレミング 評価:88点 人生を逆に生きる。 老人のように生まれたベン...... [続きを読む]

受信: 2009年2月13日 (金曜日) 00時07分

» ★「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末ナイトショウは・・・ ミュージカル好きなひらりんとしては 「ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー」も観たかったけど、 やはり「ケイト・ブランシェット特集」継続中なので本作を鑑賞。 この特集は「エリザベス」「あるスキャンダルの覚え書き」「アイム・ノット・ゼア」に続く第4弾ね。 でもでも注目はなんてったって主演のプラピ。... [続きを読む]

受信: 2009年2月13日 (金曜日) 04時07分

» 【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 [日々のつぶやき]
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、エル・ファニング 「間もなく死を迎えようとしている女性が娘にある日記を読んでもらう。書いたのはベンジャミン・バトン。彼の数奇な運命がそこに語られ... [続きを読む]

受信: 2009年2月13日 (金曜日) 09時16分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生(映画館) [ひるめし。]
人生は素晴らしい。 [続きを読む]

受信: 2009年2月13日 (金曜日) 10時52分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で]
    = 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』  (2008) = 80歳という年齢で誕生し、徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男、ベンジャミン(ブラッド・ピット)。 他の誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら、時間を刻んでいく・・。 {{{: 製作国/アメリカ  The Curious Case of Benjamin Button  (167分) 監督: デヴィッド・フィン..... [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土曜日) 10時46分

» ベンジャミン・バトン★数奇な人生  [銅版画制作の日々]
 原題:The Curious Case of Benjamin Button 80歳で生まれ、若返っていく男の物語 公開前から予告での宣伝もじゃんじゃん流されていたので、観ないわけにはいかないなあと思っていました。2月9日夕方、鑑賞してきました。ところが長い!3時間まではいかなかったが。後で調べたら167分=2時間47分・・・・・・。いやあここまで長いとやはり疲れますね。 F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説をもとに、デヴィッド・フィンチャーが映画化。なお、フィンチャーと主演のブラッド... [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土曜日) 17時53分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット    ケイト・ブランシェット    ティルダ・スウィントン    ジェイソン・フレミング    イライアス・コティーズ    ジュリア・オーモンド    エル・ファニング    タラジ・P・ヘンソン 産まれたときも最後のときも、おむつのお世話になります。。。 ... [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土曜日) 19時34分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆]
ベンジャミン・バトン 数奇な人生’08:米 ◆原題:THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON◆監督:デビッド・フィンチャー「ゾディアック」「パニック・ルーム」◆出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、タラジ・P・ヘンソン、ジュリア・オーモンド、ジェイソン...... [続きを読む]

受信: 2009年2月15日 (日曜日) 23時08分

» 【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [新!やさぐれ日記]
▼動機 子供の頃、こういう歌があったよね ▼感想 ま、それなり ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ▼あらすじ 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら、時間を刻んでいく。 ▼コメント 子供の頃、学区外の友人が歌っていた歌に 「産まれたばかりの老人が~」 という... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火曜日) 23時01分

» 人生は偶然の積み重ね。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 [水曜日のシネマ日記]
80代の肉体で生まれ、徐々に若返っていく一人の男性の数奇な運命を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水曜日) 11時40分

» 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」ある男の幸福な一生 [soramove]
「ベンジャミン・バトン」★★★★★オススメ ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット 主演 デヴィッド・フィンチャー 監督、2008年、167分、アメリカ 「この映画に原作があり、 それがスコット・フィッツジェラルドだと知って そうかもなと思った、 一番輝いた瞬間も夢のようだと 書き続けた作家だったから」 赤ん坊で生まれて 老いて死んで行く、 そんな普通の人間の一生を 全く逆の老人で生まれ、だんだん若返るという 生を受けたひとりの男の物語。 ... [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木曜日) 08時25分

» 『ベンジャミン・バトン 数奇な運命』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」□監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 エリック・ロス □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、タラジ・P・ヘンソン、イライアス・コティーズ、ジェイソン・フレミング、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング、ジャレッド・ハリス■鑑賞日 2月14日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は... [続きを読む]

受信: 2009年2月20日 (金曜日) 12時38分

» 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』 [音次郎の夏炉冬扇]
昔、「じじい」とか「せんぱい」なんてあだ名で呼ばれていたクラスメートが、中年になって同窓会に出たら、あまりにそのまんまなので吃驚されるということがあります。老け顔の人って、年くっても意外と変わらないものなんですが、かように「相対的に若返る」というのはありえると思います。 ... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土曜日) 18時06分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [ダブルライセンスで開業〜天気のいい日は小説を読もう]
ベンジャミン・バトン 数奇な人生を観てきました。 涙を強要するようなメロドラマではなく、静かな、落ち着いた、しみじみとしたいい作品でした。 「セブン」のデビッド・フィンチャー監督がこういう作品を撮るとは。 一言で言うと、老人として生まれ、赤ん坊として....... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日曜日) 00時10分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
やっと見に行けました~「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 この半月ほど咳が異常 [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日曜日) 10時13分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 を観ました。 [My Favorite Things]
デヴィッド・フィンチャーは好きな監督のおひとりですが、今までの作品とは全然違いますねぇ… [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日曜日) 19時43分

» 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 [クマの巣]
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」、観ました。 フィッツジェラルドの短編小説を映画化、老人の姿で生れてきた男の数奇な運命を描く... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日曜日) 20時19分

« 映画「チェ 39歳 別れの手紙」(2008年、西・仏・米) | トップページ | ボヘミアンな夜 »