« 新宿マルイ カレン | トップページ | 本「世界は感情で動く (行動経済学からみる脳のトラップ)」 »

2009年3月 1日 (日曜日)

映画「オーストラリア」(2008年、米)

     ★★★☆☆

 監督のBaz Luhrmann 、

主演のNicole Kidman、Hugh Jackman と

Australia出身の3人が手掛けた

愛と冒険のロマン。

     Australiaposter

  第2次世界大戦直前の1939年、

英国貴族の夫人Sarah Ashley (Nicole Kidman)が

夫の住む北オーストラリアを訪れるが、

夫は何者かに殺されていた。

夫から相続された土地を守るため、

Darwinの軍に牛を売ることを決めたSarahは、

夫が信頼していた野性的なカウボーイ

Drover (Hugh Jackman)の協力を得て、

1500頭の牛をDarwinまで運ぼうとするが、

昔の使用人Neil Fletcher (David Wenham)の

妨害にあう。

何とか9千キロ離れたDarwinに着き、

無事牛を納入したSarah はDrover と愛し合うようになり、

亡き使用人の息子、AborigineのNullah (Brandon Walters)を

わが子のように思う。

一方、Neil Fletcherは、

食肉業界のドンの娘と結婚、

ドンを暗殺し、

権力者の座におさまっていた。

戦争は激しくなり、

Darwinに日本軍が空襲を仕掛けてくる。

Sarahたち3人の運命は・・・・・・

       ◇

 美男と美女の大ロマンス、

わかりやすい悪人たち、

次から次へとヒロインらに迫りくる危機、

壮大な峡谷をめぐる長旅。

往年の西部劇を彷彿とさせる娯楽劇だ。

主人公らが危機に陥ると

どこからともなくAborigineの「まじない師」のおじいさん

(Nullahの祖父)があらわれて、

手助けするという設定は

ちょっと安易か。

「The Wizard of Oz」(1939年)の中の

名曲「Over the Rainbow」が重要な役割を果たしている。

「国名」をタイトルにした映画は、

ありそうでなかったのでは。

「新宿ピカデリー」6で。

[監][案][製][脚]バズ・ラーマン
[監]スチュアート・ビーティーほか
[出]ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、
 デビッド・ウェンハム、ジャック・トンプソン
[上映時間]165分

|

« 新宿マルイ カレン | トップページ | 本「世界は感情で動く (行動経済学からみる脳のトラップ)」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

壮大なんですが、2部作の一気見みたいで、
ちょっと散漫に感じました。

何年かの物語のはずなのに、ナラがちっとも大きくならない。

似た子を何人か用意するなどして、
(ダコタ・ファニングとエル・ファニングみたいに)
最後は少し大きくなったナラが見たかったです。

投稿: KGR | 2009年3月24日 (火曜日) 09時44分

>KGB様
ご指摘の通り、
ナラが成長しないのはおかしい。
タラちゃんみたいですね。

投稿: 富久亭 | 2009年3月25日 (水曜日) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/44200606

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「オーストラリア」(2008年、米):

» オーストラリア [LOVE Cinemas 調布]
2月のトリを飾るのは『オーストラリア』。主演は昨年『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がヒットしたニコール・キッドマン。共演は先日のアカデミー賞で司会を務めたヒュー・ジャックマンです。更に監督は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。実は3人ともオーストラリア人(ニコールはアメリカとの二重国籍)なので、故郷を描いた作品ということになります。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日曜日) 16時59分

» オーストラリア [近未来二番館]
オーストラリア - goo 映画 2月28日 映画館にて鑑賞 人生はいきなり今日からは始まらない。 先日義母と「ベンジャミン・バトン・・」を観に... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日曜日) 17時20分

» オーストラリア [Akira's VOICE]
依り所が弱くて,心に響かない・・・。   [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日曜日) 17時32分

» オーストラリア [悠雅的生活]
虹の彼方に・・・ [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日曜日) 19時26分

» 『オーストラリア』 [めでぃあみっくす]
ハリウッドで活躍するオーストラリア人監督が同じくハリウッドで活躍するオーストラリア人俳優2人を主演に迎えて送る、文字通り壮大なラブロマンス作品!というよりはタイトル通り「これがオーストラリアだ!」というアイデンティティを大いに感じる映画でした。 ラブロマ....... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日曜日) 20時51分

» オーストラリア [☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆]
オーストラリア’08:オーストラリア ◆原題:AUSTRALIA◆監督・製作・脚本: バズ・ラーマン「ムーラン・ルージュ」「ロミオジュリエット」◆出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トン....... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日曜日) 22時18分

» ☆「オーストラリア」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは今年初の試写会に行ってまいりました。 最近とんと試写会に当たってなかったので、 いろんなところに送りまくったら、二枚も当たっちゃって、姉貴夫婦に一枚進呈。 やっぱり、ニコール・キッドマン主演作は気合が入るのね、ひらりんは。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月曜日) 03時45分

» オーストラリア /AUSTRALIA [我想一個人映画美的女人blog]
『ムーランルージュ』から8年、オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が オーストラリア人俳優、ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンで、オーストラリアを舞台に創り上げた、 オーストラリアずくしの本作{/ee_3/} でもこれ、アメリカ映画。 ちなみに、オーストラリアの映画はこちら{/hand_iine/}オーストラリア映画 主演のニコールも、ヒュー様も相変わらずステキ{/m_0150/} ふたりはまるで、わたしの永遠にNo1殿堂入り映画『風と共に去りぬ』の スカーレットとレッドバトラーさ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月曜日) 11時31分

» 映画:オーストラリア [よしなしごと]
 予告編を観たときはそれほど興味をそそられなかったのですが、このブログで何度も紹介しているテレビ番組やぐちひとりの特集を観て、ちょっとおもしろそう・・・。と迷っていたんです。そんな話を会社の後輩としていたら、彼の奥様が試写会に当選しすぎたらしく、2回も観ないからと試写会の招待状をいただけることになりました。と言うわけで、オーストラリアを試写会で観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月曜日) 23時17分

» 【オーストラリア】 [日々のつぶやき]
監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン 「第二次世界大戦直前のオーストラリアに、イギリスから貴族のサラ・アシュレイがやってきた。夫を探しにはるばる来たが、夫が信頼しているという案内人の現地のドローヴァーの無骨さに驚く... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火曜日) 16時37分

» 「オーストラリア」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; 「ムーランルージュ」から7年。バズ・ラーマン監督の新作ということで製作段階から聞こえてくるニュースに期待でワクワクしていたのですが、昨年秋アメリカで公開されたおりには、興行的には振るわず、評判も今ひとつ…。観に行って「なるほど…」という感じでした。駄作というわけではないのですが…。165分が長く感じました。(「ベンジャミン・バトン」の167分はあっと言う間だったんですが…)ダーウィンまでの牛追いで終わっても良かったんじゃない?と、思えるほどです。後半... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水曜日) 12時45分

» オーストラリア ニコール・キッドマンら [ネット社会、その光と影を追うー ]
映画オーストラリアに関する予備知識が一切なかったか [続きを読む]

受信: 2009年3月 5日 (木曜日) 12時13分

» オーストラリア [★YUKAの気ままな有閑日記★]
アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠く離れたダーウィンまで牛を引き連れて行かなければならなかった。反目しあう二人だったが、長旅やアボリジニの孤児の少年ナラ(ブランドン・ウォル... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土曜日) 11時25分

» 「オーストラリア」試写会 大自然の迫力! [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
試写会絶ちが無事解禁になって、第一弾は、ヒュージャックマンとニコールキッドマン 美しすぎる美男美女カップルの恋愛映画 「オーストラリア」 西部劇的恋愛もの?と、実はさほど興味を示さずに行ったのだけど・・・・・ なんの、なんの、雄大すぎるほどの大自然の迫力もさることながら、西部劇風の懐かしさ、恋愛映画のロマンチック、人種差別、戦争映画の大迫力・・・・と盛りだくさんで~... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日曜日) 19時03分

» *オーストラリア* [Cartouche]
{{{   ***STORY*** 第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたことを知る。彼女に残されたのは、広大な牧場と1500頭の牛だった。牧場を立て直すため牛を売ることを決心したサラは、ドローヴァーの力を借り、牛を引き連れ出発する…。                                   gooより}..... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日曜日) 21時36分

» 「オーストラリア」大味な大作、自分大好きレディ大活躍 [soramove]
「オーストラリア」★★★☆ ニコール・キッドマン 、ヒュー・ジャックマン 主演 バズ・ラーマン 監督、2008年、165分、オーストラリア 「第二次世界大戦直前のオーストラリアに、 イギリス人貴族の主人公がやって来た、 オーストラリアの近代史と恋愛をも描いた 欲張りなところが大味に感じる。」 車の移動でも北部ダーウィンから2日くらいかかる、 辺鄙な土地で夫の意思を継いで 領地と仕事を守り抜く女性の 大河ロマンといった内容。 平気で使用人に指図しながら... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日曜日) 22時41分

» 映画「オーストラリア」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Australia WBCは残念ながら1次ラウンド敗退も、サッカーでは最終予選A組の首位を堅持、映画でいえば「マッドマックス」も「クロコダイル・ダンディー」も良かった・・・ イギリス貴族ながら財政的窮地に陥ったアシュレイ家、危機打開のために夫はオーストラリア... [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火曜日) 01時08分

» 『オーストラリア』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『オーストラリア』を観ました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマンです>>『オーストラリア』関連原題: AUSTRALIAジャンル...... [続きを読む]

受信: 2009年3月20日 (金曜日) 22時40分

» 何を観せたかったのか…?☆ 『オーストラリア / AUSTRALIA』 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
“〜マンつながり”ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンの共演作。 本作撮影中に妊娠が判明したニコール。今では出産も終えママになってるけど、相変わらず完璧なプロポーションを維持。 彼女の年齢で出産するだけでも子供のいない私は感心しちゃうのに、ホントス...... [続きを読む]

受信: 2009年3月22日 (日曜日) 19時24分

» 試写会「オーストラリア」  [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2009/2/8、珍しく日曜日の夕方。 新宿の厚生年金会館での開催。 最近は告知した開場時刻前に開場するのが通例になってきた。 定刻の17:30には粗方の入場が終わるくらいの感じだった。 結構な入り、8分くらいの入りか。  アナウンスで「上映時間は2時間45分」とあり、 「だから開映時間が(18時と)早いのか」なんて声が聞こえてきた。 ** 1939年から3年間くらいの物語を2時間45分の中に描く。 ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デビッド・ウェンハム。 *** 1939年、... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 09時29分

« 新宿マルイ カレン | トップページ | 本「世界は感情で動く (行動経済学からみる脳のトラップ)」 »