« でかい、まるい | トップページ | 御苑の花々 »

2009年3月29日 (日曜日)

映画「フロスト×ニクソン」(2008年、米)

 ★★★☆☆

 Watergate scandal で自ら大統領を辞任したRichard Nixonと、

キャスターDavid Frostとの

インタビューをめぐる心理戦を実話に基づいて映画化。

原題は「Frost/Nixon 」。

     Frostnixon

 1974年、Watergate scandal により

第37代米大統領Richard Nixon (Frank Langella )は

辞任を余儀なくされた。

コメディアン出身でイギリスやオーストラリアで活躍する

テレビ司会者のDavid Frost(Michael Sheen )は、

1977年、Nixonに単独独占インタビューを打診、

Nixonは60万ドルの謝礼で引き受ける。

Nixonから謝罪の言葉を引き出すことで

ジャーナリストとしての名声を確立しようというFrost。

一方、Nixonは自分の業績をアピールすることで

政界への復帰を狙う。

2人の思惑がぶつかり、

インタビューへ向けた心理戦が始まった・・・・・・

      ◇

 Frank Langella演じるNixonは

本人にあまり似ていない。

似てはいないが、

しゃべり方といい身振りといい、

まさにこの人こそNixonだと錯覚してしまう。

Langellaの演技力だろう。

インタビューが終わり

勝敗が決まった後、

FrostがNixonに帰国の挨拶に訪れる

エピソードが印象的だった。

「新宿武蔵野館」3で。

[監][製]ロン・ハワード
[総][原][脚]ピーター・モーガン
[製]ブライアン・グレイザーほか
[出]フランク・ランジェラ、マイケル・シーン、
 ケビン・ベーコン、レベッカ・ホール
[上映時間]122分

|

« でかい、まるい | トップページ | 御苑の花々 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
>まさにこの人こそNixonだと錯覚してしまう

本当におっしゃるとおりです。
写真を見比べたら似てないんですよね。でもスクリーンからは
本物が伝わってきました。名優が名優たる所以とはまさにこ
のことなんですね。
役者の演技力で魅せられた作品は後味が素晴らしく心地よい
ものだと感じる一作でした。happy01

投稿: KLY | 2009年3月30日 (月曜日) 00時15分

> KLYさま
 フロストを演じたMichael Sheen も、
真面目でかつ軽薄という性格を
良く出していました。
うまい役者の演技に感服しました。

投稿: 富久亭 | 2009年3月30日 (月曜日) 07時24分

こんばんは。

はじめまして。

検索でとんできたのですが、
私も映画を見てFrank Langellaの演技に興奮しました。

それで、細かいかもしれませんが、ちょっとだけ・・・
たぶんニクソンが受け取ったのは600万ドルじゃんくて60万ドルだったと思います。

ちょっと気になったもので^^;
勘違いだったらすみません。m(__)m

投稿: mao | 2009年4月 7日 (火曜日) 22時10分

> mao様
 初めまして。
コメント有難うございます。
謝礼は60万ドルだったのですね。
訂正しておきました。ありがとうございます。
Frank Langellaは本当に良かったですね。

投稿: 富久亭 | 2009年4月 8日 (水曜日) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/44487727

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「フロスト×ニクソン」(2008年、米):

» フロスト×ニクソン [勝手に映画評]
アメリカ史上(いまのところ)唯一、任期中に辞任した大統領ニクソン。汚名を何とか返上し政界復帰を目論む、そのニクソンと、アメリカ進出の為の足掛かりを得ようとする、イギリス人TVショーの司会者フロスト。その両者のトークバトルとも言うべき4日間のインタビュー模様を、その準備段階からドキュメンタリー風に纏めた映画。その後、ニクソンが復活する事は無いままであったという歴史の事実は、この冒頭に記しても許されるのではないでしょうか。 フロストが死に物狂いになってニクソンを追い詰めようとするきっかけとなった、ニク... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日曜日) 09時48分

» 映画「フロスト×ニクソン」試写会@スペースFS汐留 [masalaの辛口映画館]
 今回の試写会は産経新聞主催で映画上映前に、元財務大臣の塩川正十郎さんとフジテレビアナウンサー・黒岩祐治さんを招いて「メディアと政治」と言う題材のトークショーが行われた。しかし、このトークショーが曲者だった。まず本編上映前に「フロスト×ニクソン」の予告...... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日曜日) 14時11分

» 『フロストXニクソン』 [めでぃあみっくす]
インタビューは格闘技である。これはインタビュアーの誰もが納得する言葉だそうです。ウォーターゲート事件以来沈黙を守ってきたリチャード・ニクソンとイギリスの人気トークショー司会者デビッド・フロストを中心に彼らのブレーンも巻き込んだ歴史的インタビューの舞台裏を....... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日曜日) 15時57分

» フロスト×ニクソン [LOVE Cinemas 調布]
アカデミー賞5部門にノミネートされた話題作。主演はアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたフランク・ランジェラ。そして相手役として『アンダーワールド:ビギンズ』が3月14日から公開されるマイケル・シーン。監督はもう数々のヒット作を生み出したロン・ハワード。ウォーターゲート事件で辞任に追い込まれたニクソンにインタビューするという、実際の出来事をテーマにした作品です。... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月曜日) 00時17分

» *フロスト×ニクソン* [Cartouche]
{{{   ***STORY***              2008年  アメリカ ウォーターゲート事件で失脚したニクソン大統領。その辞任中継の視聴率の高さに目をつけた人気テレビ司会者・フロストは、ニクソンへの1対1のインタビュー番組を企画。ニクソン側も扱いやすいフロスト相手のインタビューを名誉回復の機会ととらえ、法外なギャラで出演契約を結んだ。フロストは事件に対する謝罪の言葉を引き出すべく、ゼルニックとレストンをブレーンに迎え、質問の練り上げ作業に入るのだが……。    gooより}}} ..... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火曜日) 10時07分

» フロスト×ニクソン◇◆FROSTNIXON [銅版画制作の日々]
 楽園か荒野か?ーーー人生を賭けた闘いが始まった! 政界復帰を狙う元アメリカ大統領ニクソン。全米進出を狙う英国のテレビ司会者フロスト。1977年、これが4500万人が見た伝説のインタビューだ! 3月31日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ニクソン大統領、ウォーターゲート事件・・・・。大統領の名前はもちろん、この事件の存在は薄ら記憶にあるけれど、どんなことだったのか?まったく知らなかった。そしてニクソン大統領が、この事件で大統領という地位から降ろされたというのも恥ずかしいことだが、知らなかった。 映画... [続きを読む]

受信: 2009年4月 7日 (火曜日) 00時20分

» フロスト×ニクソン [映画の話でコーヒーブレイク]
{/m_0146/}久々の映画館{/m_0146/} 初めて「ららぽーと横浜」内にあるTOHOシネマズ横浜へ。 何故わざわざJR鴨居駅下車でららぽーとまで足を運んだかというと・・・、 本作「フロスト×ニクソン」が見たかったからなんです。 アカデミー賞にもノミネートされた話題作にもかかわらず、何故か神奈川県では川崎のチネチッタと2館のみの公開。 チネチッタは夕方以降のみ、ららぽーとも昼間は12:50からの一回のみ。後は夕方と夜の2回。 こういう政治ものは集客が難しいってことなのでしょうか? どうせそ... [続きを読む]

受信: 2009年4月12日 (日曜日) 23時47分

» フロスト×ニクソン FROST/NIXON [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。ロン・ハワード監督、フランク・ランジェラ、マイケル・シーン、ケヴィン・ベーコン、レベッカ・ホール、トビー・ジョーンズ、マシュー・マクファディン、オリヴァー・プラット、サム・ロックウェル。今もアルジャジーラ英語ニュースでインタビュー番組を持って....... [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火曜日) 23時17分

« でかい、まるい | トップページ | 御苑の花々 »