« 怒涛の集団 | トップページ | 「菜の花とトマトのカプレーゼ」と「鴨のラグーのパッパルデッレ」 »

2009年3月24日 (火曜日)

映画「ワルキューレ」(2008年、米)

     ★★★★☆

 実際にあったAdolf Hitler 暗殺計画を

「The Usual Suspects 」(1995)のBryan Singer が映画化。

原題は「Valkyrie」。

     Valkyrie

  第2次大戦下のドイツ。

貴族出身の独軍人Claus von Stauffenberg(Tom Cruise )は

ナチスの行為に疑問を持っていた。

やがてStauffenbergは、

Henning von Tresckow (Kenneth Branagh)将軍、

Olbrecht (Bill Nighy)将軍らと組み、

Adolf Hitler 暗殺計画「OPERATION VALKYRIE」を立案する。

Stauffenbergの持ち込んだ爆弾は

Hitlerの前で爆発し、

計画は成功したかに見えたが・・・・・・

     ◇

  Hitlerは暗殺されなかった、という結末を

観客が最初から知っているだけに、

どう話を盛り上げるのかと思っていたが、

最初の、

爆発物を細工したウイスキー瓶をHitlerの乗った飛行機に

もぐりこませるとエピソードから、

サスペンスの連続だった。

ただ、後半、Hitler側が急に

劣勢を挽回する過程が

あっさりしすぎて説明不足を感じた。

あと、「VALKYRIE」計画自体はよく練られたものかもしれないが、

肝心のHitlerを爆死させるところは

あまりにも偶然に頼りすぎており、

これじゃあ失敗するわなあ、と思った。

史実では仕方がないか。

「新宿ピカデリー」6で。

[監][製]ブライアン・シンガー
[製][脚]クリストファー・マッカリー、ネイサン・アレクサンダー
[総][出]トム・クルーズ
[出]ケネス・ブラナー、テレンス・スタンプ
[上映時間]120分

|

« 怒涛の集団 | トップページ | 「菜の花とトマトのカプレーゼ」と「鴨のラグーのパッパルデッレ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。

鑑賞後にWikiで見ましたが、あのカバンも偶然とはいえ、
ヒトラーの強運には驚きます。

レーマー少佐がゲッペルスを介してヒトラーと電話するところが
ヒトラー側挽回の肝だったようですね。
確かにもう少し丁寧に書かれていてもよかった気もします。

投稿: KGR | 2009年3月24日 (火曜日) 09時41分

>KGB様
 後半ストーリー展開を急ぎすぎた
感じがしたものの、
前半はスリリングでした。
将軍たちを演じたベテラン俳優陣も
渋い演技を見せてくれました。

投稿: 富久亭 | 2009年3月25日 (水曜日) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/44400991

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ワルキューレ」(2008年、米):

» 劇場鑑賞「ワルキューレ」 [日々“是”精進!]
「ワルキューレ」を鑑賞してきましたトム・クルーズと「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガー監督が初タッグを組んだサスペンス・アクション。実話を基に、非人道的なナチス政権の暴挙に疑問を抱き反乱分子となったドイツ将校が同志と手を組み、ヒトラー暗殺...... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 07時24分

» ワルキューレ/Valkyrie [いい加減社長の映画日記]
今週は、3本も観たい映画が公開されるんだけど。 とりあえず、キャンペーンの対象作品ということで、「ワルキューレ」を選択。 昼間、お墓参りに行って疲れた中、レイトショーにテクテクと。 「UCとしまえん」は、ちょっと多めかな。 「ワルキューレ」は、大きめのスクリーンで、4割程度。 【ストーリー】 第二次世界大戦下のドイツ。 戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。 過去に40回以上の暗殺計画をくぐり抜けてきたヒトラー(デ... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 07時34分

» ワルキューレ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
スッキリと痩せてカッコ良く見えたトムがスマスマに出演したのを見たし(『トロピック・サンダー』の時とは大違い・笑)、TV放送された『トップ・ガン』も見た。楽しみだなぁ〜ワルキューレ【story】第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目、右腕、左手の指2本を失った将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画に参加する。過去に40回以上の暗殺計画をくぐり抜けてきたヒトラー(デヴィッド・バンバー)とその護衛たちを前に、大佐たちの計画は成功できるのか―     監督 : ... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 08時02分

» ワルキューレ-★★★★- [not simple.]
さて、やはりトム・クルーズはすべてを持ってってしまいますね〜。ほかの俳優も名演なんですが。あと、この作品は「ユージュアル・サクスペクツ」の監督&脚本のコンビが作成しています。内容自体も重厚なはずなんですが、なぜか「MI」風味な気がしちゃうんですよね。ヒトラーについてはあまりにも有名なので、彼が暗殺されることはないということは観客全員わかっているんです。でもなんか成功しちゃいそうってところが、トムの持ち味なんですよね。... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 08時50分

» 試写会「ワルキューレ」 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2009/1/27、一番町の東宝東和試写室での開催。 当初「スニーク・プレビュー」ということでブログでの感想公開を懸念したが、 むしろ、Yahooの何とかに書いてほしい、とまで言われたので、安心して公開。 ワルキューレは、ドイツ語のWalkre(は、uウムラウト)のカナ表記。 本来ドイツ語のWは英語のVの発音なので、ヴァルキューレに近い。 英語表記ではValkyrie(ヴァルキリー) 映画のタイトルは、ワーグナーの歌曲に由来する 有事の際のベルリン制圧計画の呼称。 *... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 09時27分

» ワルキューレ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『ワルキューレ それは女神の名を冠した「作戦<ミッション>」』  コチラの「ワルキューレ」は、紆余曲折を経て3/20に公開されたトム・クルーズ主演のサスペンス・アクション超大作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪歴史にその名を刻む独裁者ヒトラーの暗殺....... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 09時35分

» ワルキューレ [LOVE Cinemas 調布]
トム・クルーズ最新作。監督は『Xメン』シリーズのブライアン・シンガーです。来日時には『ワルキューレ』のロゴ入りヘリコプターから颯爽と降り立つトムがテレビでも流されましたね。いつものTOHOシネマズ府中では入場に行列までできていました。指定席なのに行列って…。それだけ皆の期待が大きい本作、早速観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 09時58分

» ワルキューレ [Akira's VOICE]
失敗は成功のもと。   [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 10時19分

» 【ワルキューレ】 [日々のつぶやき]
監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン 「第二次世界大戦下のドイツ、アフリカの前線で左眼を失ったシュタウフェンベルク大佐は祖国の平和のために何ができるか考えヒト... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 11時50分

» ワルキューレ [映画鑑賞★日記・・・]
原題:VALKYRIE公開:2009/03/20製作国・年度:アメリカ/ドイツ、2008年上映時間:120分鑑賞日:2009/03/21監督:ブライアン・シンガー出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッチマン、テレ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 13時52分

» ワルキューレ [そーれりぽーと]
今度のブライアン・シンガー監督作は、ヒーローものからがらっと変わってヒトラー暗殺を描いた実話サスペンスもの。 『ユージュアル・サスペクツ』と、トムちんの『ミッション・インポッシブル』が融合したような妄想で期待していた『ワルキューレ』を観てきました。 ★★★★ 主役のシュタウフェンベルク大佐の名前が観終わってもまだ覚えられずコピペした俺は、ずっとイーサン・ハントで良いやんと思いながら観ていたひねくれ者です。 いっそのこと『ミッション・インポッシブル4』として前半カットして欲しいくらいに、前半部分が... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 14時11分

» 【ワルキューレ】★トム・クルーズ [猫とHidamariで]
ワルキューレ=北欧神話に登場し、「戦死者を選ぶ者」との意味を持つ女神たち。 ワルキューレ HPワルキューレ シネマトゥデイ英題:VALKYRIE製作年:2008年製作国:アメリカ/ドイツスタッフ監督・製作:ブライアン・シンガー製作:ギルバート・アドラー製作総指揮...... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 17時14分

» 『ワルキューレ』 ('09初鑑賞34・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 3月20日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:45の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 20時28分

» ワルキューレ [悠雅的生活]
女神の名のクーデター。試写会にて。 [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 21時31分

» 試写会『ワルキューレ』 [夫婦でデート]
3月6日よみうりホールで行われたトム・クルーズ主演『ワルキューレ』試写会に奥さん [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水曜日) 09時58分

» ワルキューレ [象のロケット]
第二次世界大戦末期。 シュタウフェンベルク大佐はナチス総統ヒトラーの思想や政策に絶望し、祖国ドイツの未来のため、ヒトラー暗殺を企むレジスタンスに加わった。 彼は自ら暗殺の実行犯となり、反乱軍を鎮圧する“ワルキューレ”という作戦を利用してナチス政権を転覆する計画を立てるが…。 1944年7月20日のヒトラー暗殺未遂事件を描いた実話サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水曜日) 20時01分

» ワルキューレ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ワルキューレ 08:米・ドイツ◆原題:VALKYRIE ◆監督:ブライアン・シンガー「スーパーマン リターンズ」「X-メン」「X-MEN2」 ◆出演:... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水曜日) 21時17分

» 映画『ワルキューレ』劇場鑑賞 [続・蛇足帳〜blogばん〜]
 久しぶりに映画館に行って来ました。観て来たのはブライアン・シンガー監督&トム・クルーズ主演の『ワルキューレ(英題:VALKYRIE)』、第二... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水曜日) 21時32分

» 『ワルキューレ』・・・悪魔に護られるヒトラーの強運 [SOARのパストラーレ♪]
私たちの知る歴史においてヒトラーが暗殺された事実はない。だから冒頭で「TRUE STORY」と銘打たれる以上この作戦が失敗することは明白なのだが、それでも作戦開始からの手に汗握るスリリングな展開は存分に楽しめた。主演のトム・クルーズが若かりし頃に演じたあの海軍パイロット以上のハマリ役で、それだけでも観る価値あり。... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水曜日) 23時50分

» ワルキューレ [Recommend Movies]
『ワルキューレ』 それは、女神の名を冠した「作戦」 【出演】 トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ トム・ウィルキンソン、... [続きを読む]

受信: 2009年3月26日 (木曜日) 00時06分

» ワルキューレ [k.onoderaの日記]
ヒトラー暗殺計画の実行者となる、隻眼のドイツ軍将校、クラウス・フォン・シュタウフェンベルク。 これだけ聞いただけでも、実話を基にした作品としては、映画史上最高の、かっこ良すぎる役柄だ。 トム・クルーズが、いかにもドイ... [続きを読む]

受信: 2009年3月26日 (木曜日) 08時18分

» 『ワルキューレ』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『ワルキューレ』を観ました第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズが主演を務める戦争サスペンスです>>『ワルキューレ』関連原題: VALKYRIEジャンル: サスペンス/ドラマ製作年・製作国: 2007年・アメリカ/ドイツ上映時間: 12...... [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金曜日) 08時39分

» 「ワルキューレ」祖国のために独裁者ヒトラーと戦ったレジスタンス集団 [オールマイティにコメンテート]
「ワルキューレ」は第2次世界大戦のナチスドイツでヒトラー暗殺計画を企てた幹部たちのワルキューレ作戦の全貌を描いた実話の歴史ストーリーである。第2次世界大戦でヨーロッパを恐怖に陥れたヒトラーの暗殺計画の中でも大規模な暗殺計画には祖国ドイツを愛した人たちのゲル...... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日曜日) 01時47分

» ワルキューレ−(映画:2009年11本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッチマン 評価:83点 第2次世界大戦末期にドイツで実際に起きたという、ヒトラー暗殺未遂事件を映画にしたもの...... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日曜日) 09時25分

» ワルキューレ を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
ワルキューレ (ドイツ語:Walküre、「戦死者を選ぶ者」の意) 北欧神話に登場する複数 [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火曜日) 00時21分

» ★「ワルキューレ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは・・・ 久しぶりにラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火曜日) 03時31分

» ワルキューレ◆VALKYRIE [銅版画制作の日々]
 ワルキューレとは→北欧神話に登場し、「戦死者を選ぶ者」との意味を持つ女神たち。その女神の名を冠した「ワルキューレ作戦」 3月27日、MOVX京都にて鑑賞。 トム・クルーズが実在したドイツ名門貴族出身の将校、クラウス・フォン・シュタウフェンベルグを演じた。この将校はあのナチス・ドイツ政権の主導者、ヒトラーの暗殺計画を企てた実行犯である。こういう役をトムが演じるとは珍しいですよね。 ハリウッド映画にしては、非常に地味な本作。その主役に、ハリウッドでスターとしての地位を確立しているトムがこのような... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火曜日) 21時29分

» 映画「ワルキューレ」 [FREE TIME]
映画「ワルキューレ」 を鑑賞しました [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水曜日) 21時26分

» 「ワルキューレ」緊張の連続、サスペンスの1級品 [soramove]
「ワルキューレ」★★★☆ トム・クルーズ 主演 ブライアン・シンガー 監督、2008年、120分、アメリカ、ドイツ 「ドイツ帝国の全部が ヒトラーを支持して居たわけではない、 歴史に埋もれた真実の片鱗を知る」 第二次世界大戦時に実際にあった ヒトラー暗殺計画を、 トム・クルーズがその計画の中心的人物を演じた、 さすがスター映画、キッチリ作ってます、 だからおかしなストーリーの破綻もなく 安心して映像を楽しむことができる。 ただ、どんなに「うまくいき... [続きを読む]

受信: 2009年4月 2日 (木曜日) 20時41分

» 『ワルキューレ』 (2008)/アメリカ・ドイツ [NiceOne!!]
原題:VALKYRIE監督:ブライアン・シンガー脚本:クリストファー・マッカリー、ネイサン・アレクサンダー出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン公式サイトはこちら。<Story>第二次世界大戦下のドイ...... [続きを読む]

受信: 2009年4月 3日 (金曜日) 00時05分

» ワルキューレ [だらだら無気力ブログ]
第二次世界大戦中に実際に起きたヒトラー暗殺計画を基にヒトラーを暗殺 することでドイツを救おうとする将校が同志らとともに計画に邁進していく 様を描いたサスペンス。第二次世界大戦下、各方面での攻勢が頓挫し、連合軍の反撃が始まり劣性に 立たされ始めたドイツ。北ア..... [続きを読む]

受信: 2009年4月 5日 (日曜日) 23時29分

» 映画:ワルキューレ [よしなしごと]
 最近忙しく、ブログを書く暇がない・・・。今回のワルキューレでも観てきてから記事にするまで2週間も経ってしまった。う~ん、だから感想も薄味です。。 [続きを読む]

受信: 2009年4月11日 (土曜日) 23時46分

» 映画「ワルキューレ」の感想レビューです。 [MOVIE レビュー]
最初この映画の予告編を観た時に「今時ヒトラー映画!?」って思いましたが・・・当時ヒトラー暗殺計画なるものが40数件も起こっていたとは知らなかったので、ちょっと興味をそそられて公開初日に観てしまいました{/face_ase2/}。 ヒトラー暗殺計画の史実に基づいた脚本なので、史実ゆえに結果は映画を観る前から失敗すると分かっている訳です。そこで、どのように計画を立てて、敵味方を選別して仲間に引き入れ、準備万端整えたのにどうして失敗したのか!?と言う極秘計画の顛末が見所となるんですが・・・、クーデター計... [続きを読む]

受信: 2009年4月17日 (金曜日) 00時27分

» 【映画】ワルキューレ [新!やさぐれ日記]
▼動機 この頃流行の実話物 ▼感想 「へぇ~」 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。過去に40回以上の暗殺計画をくぐり抜けてきたヒトラー(デヴィッド・バンバー)とその護衛たちを前に、大佐たちの計画は成功できるのか。 ▼コメント 感想は「へぇ~」 それ以上のものもなければ、それ未満のものでもない。 この物語は実話。 ... [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日曜日) 17時14分

« 怒涛の集団 | トップページ | 「菜の花とトマトのカプレーゼ」と「鴨のラグーのパッパルデッレ」 »