« 英雄と運命の間 | トップページ | 翻訳を志す3つの条件 »

2009年4月14日 (火曜日)

煙草の煙はないけれど

 新宿3丁目の映画館「K's cinema」が入っているビルは

昔は「昭和館」、「昭和館地下」という

2つの映画館だった。

「昭和館」はやくざ映画の専門館で、

「昭和館地下」は成人映画館だ。

やくざ映画専門館は当時でも珍しく、

学生時代数回観にいった記憶がある。

消防法が厳格に守られてはいなかった当時、

煙草の煙で銀幕に靄がかかっていたのを

覚えている。

時代の流れで2002年に2館は閉館、

2年後新しいビルが建ち、

3階にできたのがミニシアター「K's cinema」だ。

     P4110001

大手映画館がかけないような映画をやっていて、

「昭和館」当時とは客層は異なるものの、

映画好きが集まっているのは変わらない。

84席と狭いが

シートは快適、

音響設備も素晴らしい。

|

« 英雄と運命の間 | トップページ | 翻訳を志す3つの条件 »

新宿」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

富久亭さんご無沙汰でっすー
昭和館、私は結局一度も入れませんでした。そもそも女子供が入れるような映画館じゃなかったですよね。(その近所にあるピンク映画館も。でもタイトル看板は立ち止まって読んでしまう。そしていつもニヤニヤしてしまう)K’Sシネマになってからは数度。元昭和館スタッフ・川原テツさんの著書「名画座番外地」(幻冬舎アウトロー文庫)も面白いよー!

投稿: ぴぴ | 2009年4月14日 (火曜日) 19時19分

>ぴぴ様
 お久しぶりです。
「昭和館」、女性は入りにくかったでしょうなあ。
川原テツさんの「名画座番外地」、
本屋で探してみます。

投稿: 富久亭 | 2009年4月14日 (火曜日) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/44644086

この記事へのトラックバック一覧です: 煙草の煙はないけれど:

« 英雄と運命の間 | トップページ | 翻訳を志す3つの条件 »