« 遥かなる「ユニクロ」への道 | トップページ | ソーセージを作るの巻 »

2009年4月28日 (火曜日)

映画「バーン・アフター・リーディング」(2008年、米)

     ★★★☆☆

 「No Country for Old Men」(2007年)のCoen兄弟が監督した

ブラックな味わいがある喜劇。

原題は「Burn After Reading 」。

    Burnafterreading

 CIAの極秘情報が入っているとみられるCD-ROMを

勤め先のトレーニングジムで拾った

Chad Feldheimer (Brad Pitt)とLinda Litzke (Frances McDormand)。

2人は情報をロシア大使館に持ち込む。

その情報は

CIAを飲酒癖で首になったOsbourne Cox (John Malkovich)が

書いたものだった。

Osbourneの妻Katie Cox (Tilda Swinton)は

連邦保安官Harry Pfarrer (George Clooney)と不倫していて、

Osbourneと離婚したがっている。

1枚のCD-ROMを巡り、

5人の人生は意外な方向に・・・

     ◇

 大勢の人物の思惑が複雑に絡み合い、

ストーリーは複雑だ。

物語は時系列に沿って進んでいくが、

喜劇だからと気楽に見ていると

途中で何が何だかわからなくなる。

前半、緩い流れだったが、

後半Chad Feldheimer が

Osbourneの家のクローゼットに隠れてから、

スリリングな展開となる。

頭が空っぽのスポーツマンChadを演じた

Brad Pittは新境地開拓か。

「新宿バルト9」7で。

[監][製][脚]ジョエル・コーエン イーサン・コーエン
[出]ジョージ・クルーニー、フランシス・マクドーマンド、
 ブラッド・ピット、ジョン・マルコビッチ、ティルダ・スウィントン
[上映時間]96分・PG-12

|

« 遥かなる「ユニクロ」への道 | トップページ | ソーセージを作るの巻 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/44792828

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「バーン・アフター・リーディング」(2008年、米):

» バーン・アフター・リーディング [LOVE Cinemas 調布]
『ノーカントリー』のコーエン兄弟監督作品。キャストがまた豪華でブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、リチャード・ジェンキンス…。全く呆れるほどで、よくもまあここまで集めたものと感心するほどです。(笑)アップテンポな予告編の楽しさも手伝って、アホのブラピを見に行ってきました。... [続きを読む]

受信: 2009年4月28日 (火曜日) 21時39分

» バーン・アフター・リーディング [★YUKAの気ままな有閑日記★]
豪華キャストのクライム・コメディ見逃せないわ〜【story】CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。そのころ、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は、機密情報の紛失にうろたえていた。一方、オズボーンの妻ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、財務省連邦保安官ハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫中で―     監督 : ジョエル、イーサン・コーエン兄弟 『ノーカントリー』【c... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水曜日) 12時52分

» 『バーン・アフター・リーディング』天動説型人間たちの不幸な交錯。 [よろ川長TOMのオススメ座CINEMA]
オールド映画ファンなら「ああ、あの人の!」とピーンと来てしまう懐かしささえ感じてしまうタッチのこの映画。それを微塵も感じさせない予告編にすっかり欺されました。 [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水曜日) 12時57分

» バーン・アフター・リーデング [利用価値のない日々の雑学]
よく、ブロガーの方々で映画の評価を「上映料金」で表現されている方が居られるが、あの方式は大変分かり易いといつも感心して閲覧させて頂いている。筆者も評価してみようと思ったのだが、実は大変難しく、多分皆様はひとつの基準を設けられていて、例えば、筆者で言えば(作品の度にレビューでは一々公開しないが100点満点で点数をつけている)点数に対して、イ幾らに値するというのだったり、☆の評価を料金に換算されたり、様々だと思う。だが、筆者の場合、この分かり易さを二番煎じでも良いから表現しようと思いきや、なんという... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水曜日) 17時21分

» 『バーン・アフター・リーディング』 (Burn After Reading) [Mooovingな日々]
CIAのアナリスト・オズボーン・コックスが本部に呼び出されると、アル中であることを理由にクビにされてしまう。ジョージタウンの自宅に戻ると彼はさっそく暴露本の原稿を書き始めた。彼の妻ケイティは慌てるものの、既婚者である連邦法執行官のハリーと情事を重ねていた彼女は、ハリーのためにコックスとの離婚の計画を立て始め、コックスのパソコンから暴露本の原稿データを盗み出した。 一方ワシントンDC郊外にあるフィットネスクラブの従業員リンダはなんとか仕事に集中しつつも頭の中は美容整形をして若返りを図り、勝ち組の..... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水曜日) 20時35分

» バーン・アフター・リーディング 久々の出来映えのいい風刺映画だった [労組書記長社労士のブログ]
 今日は海には行かないで陸の上で活動することを早々に決めた(結婚式を挙げた日と入籍した日はどちらが結婚記念日なのかいつも悩んでいるが、とりあえず今日は式を挙げた日だ)。 結果的に波はなかったようで{/onigiri_2/} 【 25 -7-】  CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャドとリンダ。チャドはそれを利用して一攫千金を狙う大胆な計画を思いつく。そのころ、元CIA諜報員のオズボーンは、機密情報の紛失にうろたえていた。一方、オズボーンの妻ケイ... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水曜日) 20時57分

» 「バーン・アフター・リーディング」見所はブラッド・ピットの鼻... [soramove]
「バーン・アフター・リーディング」★★★ ジョージ・クルーニー 、フランシス・マクドーマンド 、ブラッド・ピット 、 ジョン・マルコヴィッチ 出演 イーサン・コーエン 、ジョエル・コーエン 監督、2008年、96分、アメリカ 「CIAの機密情報が書き込まれたCD-ROMが スポーツジムのロッカーに置き忘れられ、 それに関わる人達の運命を狂わせていく、 偶然のジェットコースタームービーだけど、 それ程面白くない」 ブラッド・ピットが嬉々として 単純な筋肉バカ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 1日 (金曜日) 08時14分

» バーン・アフター・リーディング [だらだら無気力ブログ]
『ノーカントリー』のコーエン兄弟がジョージ・クルーニーをはじめ、 ブラッド・ピットやジョン・マルコヴィッチなど豪華なキャストで描く クライムコメディ。CIAの機密情報を含んだ1枚のCD-ROMを巡り 様々な人が巻き起こす騒動がやがて衝撃の結末へと進む。CI..... [続きを読む]

受信: 2009年5月 1日 (金曜日) 21時09分

» バーン・アフター・リーディング [映画君の毎日]
●ストーリー●CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。そのころ、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は、機密情報の紛失にうろたえていた。一方... [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土曜日) 01時09分

» 映画「バーン・アフター・リーディング」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Burn After Reading 読書の後に火傷を負う、それもただの火傷じゃなくて、そして誰もいなくなったというぐらいの大火傷、コメディではあるけれどさすがにコーエン兄弟かな・・・ バージニア州とワシントンDCを隔てるポトマック川のほとり、なにやらCIA本部みたいな建... [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土曜日) 13時13分

» バーン・アフター・リーディング を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
超豪華・クライムエンタテインメント バーン・アフター・リーディング を観ました お馬鹿なブ [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土曜日) 20時51分

» [映画『バーン・アフター・リーディング』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆・・・いや、面白かったですよ^^  私は、コーエン兄弟のデビュー作の頃から知っていて、その作風を、「カルトに至れない予定調和」と思っていた(る)。  同時期に、D・リンチが大活躍していて、私はそちらに魅かれていたので、そのリンチの「ケレン」をつまみ食いして、小奇麗に作り上げたようなコーエン兄弟の作品の数々は、ちょいと胡散臭いなあと思っていた。  『ミラーズ・クロッシング』なんて、かなりカッコ良い作品だと思うが、諸手を挙げて賞賛するには抵抗があった^^;  しかし、その後、コーエン兄弟は、あ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火曜日) 10時30分

» 「バーン・アフター・リーディング」:信濃町駅前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}ここは、文学座のアトリエ。 {/hiyo_en2/}文学座といえば、江守徹、加藤武、角野卓造、渡辺徹。名だたる役者を輩出している劇団じゃない。 {/kaeru_en4/}アメリカ映画でいえば、「バーン・アフター・リーディング」に出演している役者たちみたいなものだな。 {/hiyo_en2/}それって、なんか比較にムリがない? {/kaeru_en4/}そんなことはないだろう。出演者はジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、フランシス・マクドーマンド、ジョン・マルコビッチ。... [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火曜日) 22時17分

» バーン・アフター・リーディング [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[バーン・アフター・リーディング] ブログ村キーワード 評価:4.0/10点満点 2009年41本目(36作品)です。 本当は3.5にしたかったですが、各出演者の壊れっぷりに敬意を表して雨区評価をしました。 飲酒問題が理由で降格左遷されたことに腹を立て、勢いでCIAを退職した..... [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火曜日) 23時48分

» ★「バーン・アフター・リーディング」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、久しぶりに「チネチッタ川崎」で鑑賞。 駐車場が3時間無料なのは助かるよーーー。 ジョージ・クルーニーとプラピのコンビは「オーシャンズ〜」だよねーー。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金曜日) 03時21分

« 遥かなる「ユニクロ」への道 | トップページ | ソーセージを作るの巻 »