« 巨人が見上げる | トップページ | 本「吉本隆明の声と言葉。〜その講演を立ち聞きする74分〜」 »

2009年4月 8日 (水曜日)

桜の季節に公園が誕生

 富久町の裁判官官舎跡地に

「富久さくら公園」が誕生した。

国が売却しようとした土地を、

借り上げて公園にするよう

住民が区に要望したものだ。

4450平方メートルと近辺ではかなり広い公園は、

      P4050004

周囲を遊歩道で囲み、

中心部は小高い芝生の広場となっている。

P4050005

子供用の遊具や池などもあるほか、

P4050007

公衆トイレと防災倉庫も備え、

地域の防災拠点となる。

公園の名前の由来となった

樹齢70年の桜が満開で

公園の完成を祝っていた。

|

« 巨人が見上げる | トップページ | 本「吉本隆明の声と言葉。〜その講演を立ち聞きする74分〜」 »

新宿」カテゴリの記事

コメント

公園、完成したのですね。
ひろびろとして子供を遊ばせるのによさそう。
ここの桜は1本だけですが、大きくてみごたえがあって大好きです。
以前住んでいたマンションが写っていて嬉しくなりました♪
新宿にもかかわらず、日当たりがよくてよい住まいでした。

投稿: ぐり | 2009年4月19日 (日曜日) 13時19分

>ぐり様
 ぐり様が住んでいらしたのは「医大通り」の
マンションでしょうか?
公園の桜の木は
本当に良い枝ぶりですね。
芝生は養生のため
夏までは立ち入り禁止のようです。

投稿: 富久亭 | 2009年4月19日 (日曜日) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/44588050

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の季節に公園が誕生:

« 巨人が見上げる | トップページ | 本「吉本隆明の声と言葉。〜その講演を立ち聞きする74分〜」 »