« 翻訳を志す3つの条件 | トップページ | 池袋のモンパルナス »

2009年4月16日 (木曜日)

えーっ、ただいまの協議についてご説明申し上げます

 落語家の三遊亭歌武蔵師匠が

きのうの読売新聞夕刊で取り上げられていた。

2面の「明日へ ゴールの先で」という

元スポーツ選手にスポットを当てた

企画記事の最終回である。

 落語界の松井秀喜ともいわれる

巨漢の歌武蔵師匠が角界出身であるのは

よく知られたことだが、

新米力士が落語家になることを決意したのは15歳の時だ。

武蔵川親方が三遊亭円歌師匠に電話をかけて

弟子にしてくるよう頼んだエピーソードがいい。

 新宿末広亭など定席の寄席では、

「ただいまの協議についてご説明申し上げます」で

始まる相撲漫談をやることが多い歌武蔵師匠だが、

ホール落語会で「小言念仏」を聞いたことがある。

でかい体で、センスをばちに見立てて

木魚をたたいている姿はまことにユーモラスであった。

|

« 翻訳を志す3つの条件 | トップページ | 池袋のモンパルナス »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/44679407

この記事へのトラックバック一覧です: えーっ、ただいまの協議についてご説明申し上げます:

« 翻訳を志す3つの条件 | トップページ | 池袋のモンパルナス »