« 煙草の煙はないけれど | トップページ | えーっ、ただいまの協議についてご説明申し上げます »

2009年4月15日 (水曜日)

翻訳を志す3つの条件

紀伊国屋ホールで翻訳家、越前敏弥さんの

講演を聞いた。

越前さんは『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』など

ベストセラーの訳書を手がけている売れっ子翻訳家で、

翻訳学校で先生もしている。

小泉元首相の若かっただろうころに似ているイイ男だ。

そのせいかどうか知らぬが、

聴衆は8割方女性だった。

越前さんが指摘した翻訳家の資質は

1 日本語が好きなこと

2 調べ物が好きなこと

3 本が好きなこと

の3つである。

英語(外国語)が得意なことが入っていないのは、

そんなことは当たり前のことだからだろうか。

 日本語が好きでないといけないという意味は、

「最終的に商品として読者の手元に届くのは

日本語だから」だという。

翻訳の際の調べ物は、ここ10年インターネットの登場で

格段にやりやすくなったものの、

調べられる範囲も増えたので、

結局調べる時間は減らないということだ。

読書は、翻訳本の訳し方を研究しながら読むといいという。

|

« 煙草の煙はないけれど | トップページ | えーっ、ただいまの協議についてご説明申し上げます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/44667716

この記事へのトラックバック一覧です: 翻訳を志す3つの条件:

« 煙草の煙はないけれど | トップページ | えーっ、ただいまの協議についてご説明申し上げます »