« ダニエル・バレンボイムのモーツァルト | トップページ | 歌る多師匠の「饅頭怖い」 »

2009年6月17日 (水曜日)

本「越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 」

    (越前敏弥『ダ・ヴィンチ・コード』、ディスカヴァー携書)

 『ダ・ヴィンチ・コード』などの翻訳家、

越前敏弥さんが書いた

翻訳のノウハウ本。

「日本人なら誤訳する」であろう英文とその訳、

解説を載せたもので、

どれも参考になるものばかりだが、

それとは別に

編集者が越前さんにインタビューした

英語の修行時代のコラムが興味深い。

英語力の基礎となっているのは、

駿台予備校の浪人時代だそうだ。

故・伊藤和夫氏の 「英文解釈教室」

「英文法頻出問題演習」「英語構文詳解」は

バイブルだという。

英語を読むスピードは

同じ文章を2度読んだときにつくという。

  (1050円、2009年2月20日)

|

« ダニエル・バレンボイムのモーツァルト | トップページ | 歌る多師匠の「饅頭怖い」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/45348512

この記事へのトラックバック一覧です: 本「越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 」:

« ダニエル・バレンボイムのモーツァルト | トップページ | 歌る多師匠の「饅頭怖い」 »