« 奇跡のりんご | トップページ | 雨の閉館 »

2009年6月 1日 (月曜日)

「余一会」に行くっ

 寄席というところは、

一か月を「上席」「中席」「下席」の

各10日間に分け、

番組編成をする。

31日は「大の月」は1日あまるので、

「余一会」と称して

特別プログラムを企画する。

きのうの新宿末広亭の「余一会」昼の部は

「円太郎・歌武蔵二人会」だった。

P5310002_2

橘家円太郎師匠のライブを聴くのは初めて。

三遊亭歌武蔵師匠は一段と巨漢になった印象だ。

プログラムは-・・・

春風亭ぽっぽ   「子ほめ」

三遊亭歌太郎   「転失気」

橘家円太郎    「三年目」

三遊亭歌武蔵   「居酒屋」

三遊亭円歌    「中沢家の人々」

お中入り

翁家和楽社中

三遊亭歌武蔵  「試し酒」

橘家円太郎    「たがや」

     ◇

 女流のぽっぽ、トライアスロンが趣味の円太郎師匠は

春風亭小朝師匠の弟子。

ぽっぽ、歌太郎は

それぞれの噺で「下げ」を工夫していた。

角刈りの円太郎師匠が演じる

「三年目」の先妻はやけに色っぽかった。

円歌師匠、歌武蔵師匠は子弟競演。

「試し酒」では、

主人公が5升の酒を飲む噺であるが、

歌武蔵師匠は

扇子を巧みに使って

様々な飲み方を見せてくれた。

|

« 奇跡のりんご | トップページ | 雨の閉館 »

新宿」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/45185368

この記事へのトラックバック一覧です: 「余一会」に行くっ:

« 奇跡のりんご | トップページ | 雨の閉館 »