« 本「越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 」 | トップページ | 生ジュース、150円なり »

2009年6月18日 (木曜日)

歌る多師匠の「饅頭怖い」

 貸しビデオ屋で、

「古典落語お稽古つけ 三遊亭歌る多『饅頭怖い』」

というDVDを借りた。

     Karuta_2

落語家が

しろうとに噺を稽古する

一種のハウツーものだ。

落語を練習するビデオ。

ありそうでなかったジャンルではある。

最初に基本編として

お辞儀の仕方、

「上下の切り方」を

稽古する。

落語は演者1人で

たくさんの登場人物を演じ分けるので、

右を向いたり左を向いたりする。

これを、「上下を切る」というのだが、

登場人物の上下関係で、

上手、下手の位置が決まってくる。

これ、

簡単なようで、

すごく難しい。

さて、基本を学んだあと、

歌る多師匠が『饅頭怖い』を一通り実演、

その後、噺のポイントを解説してくれる。

解説はわかりやすいけど、

これも素人がやるとなると

とてもじゃないができそうにない。

プロの落語家の

技術のすごさを

改めて認識するのには

最適のDVDだ。

|

« 本「越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 」 | トップページ | 生ジュース、150円なり »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/45355636

この記事へのトラックバック一覧です: 歌る多師匠の「饅頭怖い」:

« 本「越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 」 | トップページ | 生ジュース、150円なり »