« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の10件の記事

2010年1月30日 (土曜日)

映画「ラブリーボーン」(The Lovely Bones、2009年、米)

      ★★★☆☆

 Susie Salmon (Saoirse Ronan )は

写真を撮るのが好きな14歳の少女だ。

平凡だが幸せな生活を送っていたが

1973年のある日

近所の変質者George Harvey (Stanley Tucci )に

トウモロコシ畑で殺されてしまう。

Susieは天に昇って家族や友人を見守り、

自分を殺した犯人をなんとかして

家族に教えようとする。

妹のLindsey (Rose McIver )は

犯人に気付き

証拠を求めてHarveyの家に侵入するが・・・

原作はAlice Seboldの小説。

  ◇

 大霊界みたいでもあり、

家族の愛の物語のようでもあり、

サスペンス物でもある、

不思議な映画だ。

突然娘が犯罪に巻き込まれ、

執念深く犯人を探そうとする父親Jack(Mark Wahlberg )、

悲しみのあまり自分の殻に閉じこもってしまう母親Abigail(Rachel Weisz)、

家族を暖かく見守る祖母Lynn(Susan Sarandon)。

妹のLindseyが聡明な少女に成長して、

自分ができなかった体験をするのを

暖かく見守るSusieの姿が切ない。

天国と現世の中間にあるという世界の映像は

素晴らしい。

「新宿ピカデリー」3で。

[監][製][脚]ピーター・ジャクソン
[原]アリス・シーボルト
[総]スティーブン・スピルバーグほか
[製][脚]フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン
[出]シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ
 レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン
[上映時間]135分

| | コメント (2) | トラックバック (18)

2010年1月24日 (日曜日)

映画「Dr.パルナサスの鏡」(2009年、英加)

     ★★★☆☆

 撮影の途中で急逝したHeath Ledgerの代役を、

Heathの友人である

Johnny Deppe, Jude Law, Colin Farrell

の3人が演じたTerry Gilliam監督のファンタジー。

原題は「The Imaginarium of Doctor Parnassus」。

       ◇

 悪魔(Tom Waits)との賭けで永遠の命を得た

Parmassus(Christpher Plummer)博士は

代償に自分の娘Valentina(Lily Cole)を

16歳の誕生日に引き渡すことになっていた。

博士たちは町から町へ旅する

見世物小屋で生計を立てていたが

ある時ギャングに橋から吊るされていた

Tony(Heath Ledger)の命を救う。

Tonyのアイデアで見世物小屋は大人気となるが、

運命の時は近づいていた・・・

    ◇

 見世物小屋にある不思議な鏡の中は

人の潜在意識をあらわした幻想的な世界。

この不思議な空間が素晴らしい。

あくの強い登場人物たちも

それぞれ魅力的だ。

[監][製][脚]テリー・ギリアム
[出]ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、
 リリー・コール、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、
 コリン・ファレル、トム・ウェイツ
[上映時間]124分・PG12

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2010年1月23日 (土曜日)

映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」(2009年、米)

     ★★★☆☆

 ハワイ・カウアイ島を舞台に、

殺人犯を探すサスペンス。

 原題は「A Perfect Getaway 」。

ハワイに来た脚本家のCliff Anderson(Steve Zahn)と

Cydney(Milla Jovovich)の新婚夫婦は

風光明媚なカウアイ島のビーチを目指す。

途中でNick(Timothy Olyphant )とGina(Kiele Sanchez )、

Kale(Chris Hemsworth)とCleo(Marley Shelton)

の2組のカップルに出会い

行動を共にする。

そんな時、

オアフ島で新婚のカップルを殺害した

男女2人組がカウアイ島に逃げた

というニュースを知る。

疑心暗鬼になる3組のカップル。

犯人は彼らの中にいるのか。

    ◇

 この手の映画の定石通り、

あまり怪しくない奴が実は殺人鬼なのだが、

そういう先入観で観ていても

最後の30分はハラハラドキドキで

楽しめる。

カウアイ島の美しさと

Milla Jovovichのアクションシーンは見もの。

[監][脚]デビッド・トゥーヒー
[出]ミラ・ジョボビッチ、ティモシー・オリファント、
 キエレ・サンチェス、スティーブ・ザーン、マーリー・シェルトン
[上映時間]97分・R15+

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010年1月22日 (金曜日)

映画「オーシャンズ」(2009年、仏)

    ★★★☆☆

 海に住む魚や動物たちの生態を撮ったドキュメンタリー。

原題は「OCEANS」。

小型ヘリコプターカメラや大型照明システムなど

最新鋭の機材を使い、

4年の歳月をかけて撮影したという作品だ。

登場するのは

シロナガスクジラやイルカなどの常連のほか、

どうしてこんな生物がいるかなあ

と言いたくなるような

奇妙奇天烈な形をした魚など

たくさんの生き物が次から次へと登場する。

生まれたばかりの子亀の大群が

海を目指してよちよち歩いて行くうちに

海鳥に襲われて

一匹、また一匹と食べられて行く光景は

自然の掟とは言え

せつなかった。

海や空が見せる様々な青が

印象に残った。

「新宿ピカデリー」3で。

[監]ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾー
[上映時間]103分

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010年1月17日 (日曜日)

映画「今度は愛妻家」(2009年、日)

      ★★★★☆

 ぐうたら亭主と

亭主をかいがいしく世話する女房の

愛情物語。

「Always」(1989年)や「Gohst」(1990年)、「The Sixth Sense」(1999年)に

似たテイストの作品だ。

 北見俊介(豊川悦司)は名の売れたカメラマンだが、

最近は仕事もせずぶらぶらしている。

そんな俊介を妻のさくら(薬師丸ひろ子)は

母親のように見守る。

10年前に結婚した2人は、

沖縄に子作り旅行に行き、

そこでさくらは結婚指輪を無くしてしまう。

旅行から1年後のクリスマス、

北見家ではパーティーを開くが・・・

     ◇

 倦怠期を迎えけんかばかりしながらも、

愛しあっている夫婦の会話が楽しい。

夫婦の周辺の人物も

物語に彩りを添えている。

特に、還暦を過ぎたおかまの文太(石橋蓮司)の

怪演が見ものだ。

物語は「The Sixth Sense」のように終わるのだろうと、

予想はついたが、

それでもクリスマスケーキのろうそくの火を俊介が消す

終盤のシーンには心打たれた。

新宿バルト9の2で。 

[監]行定勲
[原]中谷まゆみ
[脚]伊藤ちひろ[音]めいなCo.[歌]井上陽水
[出]豊川悦司、薬師丸ひろ子、水川あさみ、濱田岳、
 城田優、津田寛治、奥貫薫、井川遥、石橋蓮司
[上映時間]131分

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2010年1月16日 (土曜日)

METライブビューイング トゥーランドット

 METライブビューイングは

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で行われたオペラを

HD映像と5.1サラウンド録音で収録したものだ。

今シーズンのライブが世界900か所以上の

映画館で見られるという。

わしは新宿ピカデリーで観たのだが、

入場料3500円は、

豪華キャストによる名作を特等席で観られる

と思えば安いものだが、

映画館で映画を観ると考えれば

割高に思える、

微妙な価格設定だ。

     ◇

 今日見たのは中国を舞台にした

プッチーニのTurandot。

北京の皇帝の娘Turandot姫は

求婚者たちに3つの謎を出し、

全問解けたら結婚するという。

しかし、解けなかった者は打ち首に。

何人もの若者が姫に求婚し

命を失った。

ある日、謎の王子が現れ

姫の出した3つの謎を解いてしまう。

結婚を渋る姫に

謎の王子は

夜明けまでに自分の名前をいい当てたら、

自分を死刑にしても良いと言い出す・・・

 第3幕、王子の歌う「誰も寝てはならぬ」には

感動した。

Conductor: Andris Nelsons;

Production: Franco Zeffirelli;

Maria Guleghina, Marina Poplavskaya, Marcello Giordani, Samuel Ramey

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月曜日)

志の輔らくご in PARCO 2010

 渋谷のパルコ劇場で

恒例、立川志の輔師匠の落語会「志の輔らくご in PARCO」。

正月にパルコで定期公演をやるようになって、

5年目だそうだ。

     P1100007

 開口一番は「身代わりポン太」。

公共工事削減方針のあおりを受けて、

村の観光誘致の目玉にしようと計画していた

タヌキ型の展望台の建設が途中で中止になった。

村長、県議、建設会社社長が

思案するなか、

おばあさんが出したアイデアで

ピンチを乗り切るという噺。

「踊るファックス二〇一〇」は、

「失恋で自殺する」という内容の

間違いファックスが、

新年セールのコピーを製作中の

薬屋さんに送られてきて・・・

という噺。

パルコ劇場ならではの

あっという落ちが見もの。

 中入りを挟んで

古典落語「中村仲蔵」。

90分近くに及ぶ熱演。

以前、国立大劇場で観た時のような

花道を使った演出はなかったが、

仲蔵が定九郎を演じる場面は

照明を使った演出が効果的で、

息をのんだ。

 最後はお囃子とともに

三本締め。

昨年の「志の輔らくご in PARCO」はこちらを。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土曜日)

オステリア・ラ・ピリカ

 お茶の水のイタリア料理店

オステリア・ラ・ピリカで新年会。

5300円のコースは

前菜

パスタかリゾット

魚料理

肉料理

デザート、コーヒー。

自家製パンがおいしくて

食べ過ぎてしまい、

メーンが来る前にお腹いっぱい。

肉料理は比内鳥を選んだ。

P1080002_2

食前酒、ワイン2本を頼んで

1人10000円。

東京メトロ・丸ノ内線お茶の水駅から

外堀通りを秋葉原方向に歩き数分。

東京都千代田区外神田2-2-19

TEL:03-3526-0100

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月曜日)

映画「アバター」(2009年、米)

     ★★★☆☆

 海兵隊員時に下半身不随になった

Jake Sully(Sam Worthington )は、

死亡した兄の代わりに

惑星Pandraに送り込まれた。

Jakeは、人工的に作られた肉体Avatarに意識を移し、

Pandraの一族の秘密を探る任務に就く。

原題は「Avatar」。

      ◇

登場人物はいずれも類型的で、

ドラマも勧善懲悪だ。

それでもこの映画が多くの人に見られているのは、

CGと3Dの最新技術を集めて構築した

惑星Pandraの美しさゆえだろう。

最初は、間抜け面にしか見えなかった

Pandraの一族の顔だが、

次第に感情移入してきた。

しかし、あの3D眼鏡だけは

なんとかならぬものか。

新宿ピカデリー3で。

[監][製][脚]ジェームズ・キャメロン
[出]シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ、
 サム・ワーシントン、スティーブン・ラング、
 ミシェル・ロドリゲス、ジョバンニ・リビシ
[上映時間]

| | コメント (4) | トラックバック (12)

2010年1月 1日 (金曜日)

2010年大予想

1 中国が日本のGDPを抜いて世界2位の経済規模に

2 アマゾンの電子ブックリーダー「キンドル」日本語版登場

3 新型インフルエンザの流行が世界的に終息

4 バンクーバー冬季五輪で日本は金メダル3個

5 ヤマダ電機開店で、新宿の家電安売り競争激化

6 夏の参院選で自民が盛り返す

7 巨人軍が2年連続日本一に

8 「ツイッター」ブーム終わる

9 新宿の西富久再開発計画が始動

10わしがダイエットに成功。30年ぶりに60キロ台へ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »