« 楽劇「ニーべルングの指環」第3日 「神々の黄昏」 | トップページ | 映画「Shutter Island(シャッターアイランド)」(2010年、米) »

2010年4月 4日 (日曜日)

映画「ハート・ロッカー(THE HURT LOCKER)」(2008年、米)

    ★★★☆☆

 2004年、バクダッド。

駐留する米軍の爆発物処理班ブラボー中隊のは

テロリストが街中に仕掛けた爆弾を処理していた。

新任の中隊リーダーWilliam James二等軍曹(Jeremy Renner)は、

基本的な安全対策も行わず、死を恐れないかのような振る舞いで、

仲間を不安に陥れる。

     ◇

 見る人に緊張感を強いる映画だ。

不安、混沌、狂気。

アカデミー賞作品賞をとったのも

時代の空気を反映しているからだろうか。

日比谷の「スカラ座」で。

監督:キャスリン・ビグロー
製作:キャスリン・ビグロー、マーク・ボール、
ニコラス・シャルティエ、グレッグ・シャピロ
脚本:マーク・ボール
撮影:バリー・アクロイド
美術:カール・ユーリウスソン
編集:ボブ・ムラウスキー、クリス・イニス
音楽:マルコ・ベルトラミ、バック・サンダース
製作国:2008年アメリカ映画
上映時間:2時間11分
配給:ブロードメディア・スタジオ

|

« 楽劇「ニーべルングの指環」第3日 「神々の黄昏」 | トップページ | 映画「Shutter Island(シャッターアイランド)」(2010年、米) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/47991289

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハート・ロッカー(THE HURT LOCKER)」(2008年、米):

» ハート・ロッカー [LOVE Cinemas 調布]
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイフ・ファインズが出演している。次の瞬間に何が起こるか解らない極限の緊張感で手に汗握る展開に引き込まれる。... [続きを読む]

受信: 2010年4月 4日 (日曜日) 17時38分

» ハート・ロッカー [だらだら無気力ブログ]
「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死の危険がいつも伴うイラク駐留の 爆発物処理班のアメリカ兵達の姿を描いた戦争アクション。 爆弾テロの脅威が続くイラクのバグダッドを舞台に、殉職した爆発処理班の 前任リーダに代わり、赴任してきた軍曹と爆発物処理班の3人が..... [続きを読む]

受信: 2010年4月 4日 (日曜日) 23時47分

» ハート・ロッカー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、サンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)らは不安を抱くようになり―     監督 : キャスリン・ピグロー 『K-19』【comme... [続きを読む]

受信: 2010年4月18日 (日曜日) 22時04分

« 楽劇「ニーべルングの指環」第3日 「神々の黄昏」 | トップページ | 映画「Shutter Island(シャッターアイランド)」(2010年、米) »