« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の5件の記事

2010年6月19日 (土曜日)

映画「Crazy Heart、クレージー ハート」(2009年、米)

 ★★★☆☆
 アルコール依存症の初老のミュージシャンの
人生再生の物語。
 57歳のBad Blake (Jeff Bridges)はカントリーミュージックの歌手だ。
かつては人気スターだったが、
今ではどさ回りの営業で生計を立てている。
酒を飲んで舞台で醜態をさらすこともたびたびで
生活は荒んでいる。
 旅の途中、Badは地方紙の女性記者
Jean Craddock(Maggie Gyllenhaal)のインタビューを受ける。
Jeanは4歳の男の子Buddy(Jack Nation)
を一人で育てている。
2人は意気投合して、
つき合うことになる。
後輩の歌Tony(Ryan Bingham)の助けもあって、
Bad Blake の人生はよい方向に行くと思われた。
その矢先 Blakeは酔っぱらって
Buddyを迷子にしてしまう。
Jeanは怒り、
2人は別れる。
きっぱりと酒を断ったBlakeは
1年4か月後Jeanと再会する。
      ◇
 アカデミー主演男優賞をとった
Jeff Bridgesの歌声が身にしみる。
それぞれに別々の道を歩き始めている2人が
再会するラストシーンの
バックに広がる青い空と大自然が印象的だ。
「東宝シネシャンテ」1で。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010年6月13日 (日曜日)

映画「アウトレイジ」(2010年、日)

    ★★★★☆

 北野武監督のバイオレンス・ムービー。

 暴力団の頂点に立つ山王会の組長、関内(北村総一朗)が

直参である池元組の組長、池元(國村隼)に

村瀬組の締め付けを命令した。

池元は、配下の大友組の組長、大友(ビートたけし)にその役目を丸投げする。

面倒で厄介な仕事にぶつぶついいながらも、

大友は、若頭の水野(椎名桔平)と共に

命令を忠実に実行に移す。

ささいな抗争は次第にエスカレートして、

仲間や親分も信じられない血で血を洗う

殺戮合戦にエスカレートしていく。

     ◇

 救いようのない暴力シーンが全編を貫く。

 出世のため親分の命令を忠実に実行しようとする部下、

子分のことなど少しも気にかけぬ組幹部、

得体の知れない某国大使、

間の抜けた子分、

冷静で計算高いナンバー2、

非情な中にもどこかとぼけた面々は

「仁義なき戦い」(1973年)の

登場人物を彷彿とさせる。

 終盤、警察への出頭を決意した大友の

悟ったような表情が印象的だ。

「新宿バルト9」5で。

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2010年6月 7日 (月曜日)

ポスト印象派、後期印象派

 六本木の国立新美術館で

「オルセー美術館展2010 ポスト印象派」。

P6050002

「ポスト印象派」は

かつては「後期印象派」と訳されていた。

しかし、それだと「印象派の後半期」の意味だと誤解されるので、

近頃は「ポスト印象派」というのだそうだ。

1880年代後半から90年代にかけて活躍した

セザンヌ、ゴッホ、スーラ、ゴーギャンら

独自の表現を追求した画家たちだ。

 ゴッホの「星降る夜」が美しい。

夜空に輝く「大熊座」がロワール川の川面に反射して

幻想的な雰囲気を出す中、

川岸には恋人同士だろうか、

一組の男女が歩いている。

 「星降る夜」の隣にはこれも有名な「アルルのゴッホの寝室」。

2つの絵の制作年は1888年、1889年だが、

この2作が同時期に描かれたとは思えないほど印象が異なる。

 ルソーの「蛇使いの女」は不思議な絵だ。

むせ返るような奥深いジャングルの夜。

満月が周囲を照らす中、

裸の女が吹く横笛に誘われて

あちこちから蛇がニョロリと出てくる。

ついでにフラミンゴも現われる。

なんじゃこりゃ。

 モネやスーラの絵には

独特な空気が漂っているのを感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日曜日)

移動するバス停

 都営バス・白61系統、

新宿駅西口方面行き「花園町」バス停が

65m手前(市ヶ谷富久町側)に移動するそうだ。

告知の看板が出ていた。

P6050001
どうして移動するのかという理由や

永久的なのか暫定措置なのかといった

詳細は書かれていなかった。

目白方面行きバス停には看板はなく、

新宿方面行きだけの移動らしい。

わしにとっては便利になるのだが、

いったい何で?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土曜日)

地下通路とファストファッションチェーン

 JR新宿駅南口のJRバス乗り場付近から

東京メトロ副都心線新宿3丁目駅までの

地下通路が完成した。

歩行者の多い甲州街道の混雑緩和を

目的に作られたが、

まだあまり知られていないためか、

地下道は人どおりもなく

がらんとしていた。

P5300028

一方、丸井の「イン・ザ・ルーム」が撤退したビルには

若い人に人気のファストファッションストア

「フォーエバー21」が開店していた。

こちらは女の子でいっぱいだった。

P5300027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »