« マーラーと李白と | トップページ | 最後に出てきた女は »

2010年7月17日 (土曜日)

今年も来てしまった

 靖国神社の「みたままつり」に行く。

夜なのに暑い。

人も大勢出ている。

長い参道を歩いていると、

参道から外れたあたりに、ただならぬ妖気が。

その妖気に誘われて、

今年も来てしまった・・・

花園神社でもおなじみの「見せ物小屋」である。

今年の出演者は4人。

一番手は、サイキック「摩訶ダミアン」と名乗る男の手品師。

普通の手品である。

P7160004_2

次に登場するのは、

天井から垂らした紐でアクロバチックな芸を見せる

空中回転少女「A-GEHA」。

アクロバチックといっても、

体育の得意な小学生の水準だ。

コスプレの衣装を着ているところが、

変わっている。

少女というのは

いささか無理があるのではないか。

 3番目は、全身に入れ墨をした妖艶なお姉さん、

謎のコレクター「銀子」。

コレクションの

サソリやクモを足にはわせるという芸だ。

小学生がかぶりつきで見ている。

謎である。

P7160005

 そして、最後に出てきたのは・・

(続く)

|

« マーラーと李白と | トップページ | 最後に出てきた女は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/48897699

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も来てしまった:

« マーラーと李白と | トップページ | 最後に出てきた女は »