« 今年も来てしまった | トップページ | 昨年の見世物小屋 »

2010年7月18日 (日曜日)

最後に出てきた女は

 (承前)

トリを勤めたのは、

いわずと知れた、見せ物小屋界のスター、

花園神社の「酉の市」でもおなじみの小雪太夫である。

P7160003_3

年を経るごとに化粧も厚くなり、

妖艶になってくる感じだ。

小手調べとして、

鼻から口に通した鎖でバケツをつり上げるという、

おなじみの芸。

メーンイベントは、例の蛇食い。

「病なのか、好きなのか」

司会の男の口上にあわせ、

がぶっと一噛み。

小雪さん、今年も健在でなにより。

と思っていたら、

突然小雪さんが蛇を客席に投げる。

場内騒然。

わしもドキッとした。

オモチャの蛇と分かって場内が

「なあんだ」という雰囲気になるのも

例年通り。

毎年見ているのに

わしはまただまされるとは。

 会場から出ると、

小雪さんが道行く人に

手を振るなど相変わらずおちゃめな面を見せていた。

P7160010_2

|

« 今年も来てしまった | トップページ | 昨年の見世物小屋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/48897713

この記事へのトラックバック一覧です: 最後に出てきた女は:

« 今年も来てしまった | トップページ | 昨年の見世物小屋 »