« 志らく独演会 | トップページ | 蘇った昭和の名人 »

2010年11月13日 (土曜日)

志の輔独演会

 立川志の輔師匠の「第三回日の出寄席」、

有楽町の国際フォーラムホールCで。

開口一番は前座の志の彦さんの「牛ほめ」。

なかなか達者で、

面白かった。

志の輔師匠の新作「ディアファミリー」は、

勤続30年のお父さんが、

社長から記念品として鹿の頭のはく製をもらったことから、

家族が言い争いになるという噺。

仲入り後は、

松永鉄九郎さんの長唄に続いて、

志の輔師匠の古典「柳田格之進」。

凄みのある格之進であったなあ。

特に、最後の商人と番頭を手打ちにしようとする場面、

何度聞いても手に汗握る思い。

|

« 志らく独演会 | トップページ | 蘇った昭和の名人 »

落語」カテゴリの記事

コメント

お元気ですか?

久しぶりにおじゃまします。志の輔さんの日の出寄席にいらしたのですね。私も行きたかったのですが仕事だったのであきらめました。9月の赤坂アクトシアターの大きな会場ですが、楽んできました。

志の輔さんの柳田格之進は、ジーンときますよね。志の輔さんも好きなネタらしく、なんども聴いているのですが、その度に心にしみます。
次は、年明けのパルコ落語ですが、いらっしゃる予定ですか?
私は、チケットが取れることを祈っているところです。
また、時々読ませていただきますね。 

投稿: 菅家です。 | 2010年11月23日 (火曜日) 14時39分

菅家さん
 
お久しぶりです。

志の輔師匠の柳田格之進は、
本当に何度聞いても良いですね。

 私も、新年のパルコ劇場は、
券が取れたら是非行ってみたいと思います。

投稿: 富久亭 | 2010年11月23日 (火曜日) 15時28分

こんにちは。時々訪問させていただき、記事を楽しく拝見しています。落語は私も好きで時々行きますが、あまり詳しくないので、このようなブログは大変楽しみです。
ところで、私は沖縄県伊是名島の大自然の中で育ち生命感溢れる独特の色彩感覚を持った版画家・名嘉睦稔さんの作品を観て来ました。この人の作品も一見の価値があります。ぜひ読んでみてください。
http://desireart.exblog.jp/11649982/
よろしかったらブログにコメントをお願いします

投稿: dezire | 2010年12月 3日 (金曜日) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/50019253

この記事へのトラックバック一覧です: 志の輔独演会:

« 志らく独演会 | トップページ | 蘇った昭和の名人 »