« 映画「ヒア アフター、Hereafter」(2011年、米国) | トップページ | 映画「英国王のスピーチ、The King's Speech」(2010年、英) »

2011年2月28日 (月曜日)

METオペラ「ニクソン・イン・チャイナ」

 20世紀オペラの傑作。

ニクソン米大統領と毛沢東・中国主席の歴史的会談を

オペラにした。

第1幕は、大統領専用機でニクソンが北京に降り立ち、

首脳会談まで。

第2幕は、ニクソン米大統領夫人が江清・主席夫人に

中国国内を案内され、

文化大革命にショックを受けるエピソード。

特にバレエのシーンはすばらしい。

第3幕は、北京最後の夜、各々の寝室で。

最後に周恩来が「私たちはひとつでもためになる事をしただろうか」

と言うのが面白い。

    ◇

METでの公演は、

作曲者のジョン・アダムズ自ら指揮をした。

解説に、

演出をしたピーター・セラーズや

首脳会談に同席した当時の中国大使が

登場したのも興味深かった。

「新宿ピカデリー」6で。

     ◇

〈作曲・指揮〉ジョン・アダムズ
〈演出〉ピーター・セラーズ
〈キャスト〉
ニクソン大統領役:ジェイムズ・マッダレーナ(バリトン)
パット・ニクソン役:ジャニス・ケリー(ソプラノ)
周恩来役:ラッセル・ブローン(バリトン)
毛沢東役:ロバート・ブルーベイカー(テノール)
江青(毛沢東夫人)役:キャスリーン・キム(ソプラノ)

|

« 映画「ヒア アフター、Hereafter」(2011年、米国) | トップページ | 映画「英国王のスピーチ、The King's Speech」(2010年、英) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/50984690

この記事へのトラックバック一覧です: METオペラ「ニクソン・イン・チャイナ」:

« 映画「ヒア アフター、Hereafter」(2011年、米国) | トップページ | 映画「英国王のスピーチ、The King's Speech」(2010年、英) »