« 2011年2月 | トップページ

2011年3月の1件の記事

2011年3月 6日 (日曜日)

映画「英国王のスピーチ、The King's Speech」(2010年、英)

      ★★★☆☆

 予期せぬことから王位に就いた

King George VIの苦悩を巡る実話。

 父King George V(Michael Gambon)の代理として民衆の前で

演説したPrince Albert (Colin Firth)。

生来の吃音のため、

演説は惨憺たる結果に終わる。

 Prince Albert は、意を決してオーストラリア出身の

言語聴覚士Lionel Logue(Geoffrey Rush)の指導を受け始める。

 やがて、父が死に、

兄のEdward VIII(Guy Pearce)が即位する。

だが、兄はWallis Simpson(Eve Best )と

駆け落ちして王位を失い、

Prince Albert がGeorge VIとして、

王位に就くことになる。

第2次世界大戦が始まり、

ラジオを通じて国民に語りかけることに

なったが・・・

    ◇

 俳優になりそこなった言語聴覚士と

王としての資質に欠ける王子。

大きな挫折を経験した2人の

奇妙な友情が面白い。

ラストシーン、

George VIが、

国民を鼓舞する演説に臨む際、

バックに流れるベートーベンの交響曲7番が、

効果をあげていた。

 「TOHO シャンテシネ」2で。

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (7)

« 2011年2月 | トップページ